2016年06月12日

いよいよ山口で封切り、映画『ふたりの桃源郷』を観ておもふ。

「これからも『地に足着いた人の生き様』を私は撮り続けます…」
噛み締めながら独特の優しい口調で語られた佐々木さん、いや、佐々木聰監督らしい舞台挨拶の言葉...。

私、思わず涙が頬を伝っていました。

 そして「映画構成では必須の、敢えて「起承転結」をつけないことで、100人いたら100人の捉え方、感じ方をしてもらえれば...」という佐々木監督の言葉通りの映画だと思います。

pos

昨日、地元山口で封切りされた映画『ふたりの桃源郷』の初上映&舞台挨拶に仕事の合間を縫って行かせて頂きました。

実はKRYの佐々木聰ディレクターとは8年前に初めて取材を受けてからのお付き合い。
私が、牧場はもちろん、命と命がぶつかり合う危険な牛の出荷作業にカメラを入れての密着取材を唯一許せたのは、初対面で『佐々木聰』という男に惚れてしまったからなんです。カメラの前では普通、少なからず誰しも緊張するのですが、不思議と佐々木さんのインタビューは、時には親友と語り会うような感じで、時にはズバッと核心を突かれ...でもどちらにしても素の自分でいられるんですよね。
20160612-214913

2008年2月が最初の取材で、それから今も密着取材は続いてます。
私、元々、感極まりやすい暑苦しい人間なのですが、カメラの前で何度泣かされたことか..(-_-;)もちろんカメラには映りませんが、実は佐々木さんも対面で一緒に涙流してくれてるんです。

 その惚れたということを、大きく大きく、さっ引いたとしても、この映画『二人の桃源郷』は素晴らしいの一言でした。
山口の公開初日、たぶん舞台挨拶があるだろうから、何を置いてでも必ず足を運ぼうと決めてました。

上映会場のYCAMでお一人様ランチでもして開演を待とうと、早めに到着したにも関わらず、すでに会場には長蛇の列(゚_゚;) 聞けば朝9時から行列ができはじめたという、とんでもない盛況ぶりで、私、危うく入場制限を受けるギリギリの行列位置でした。
牧場を出る前、佐々木さんに「今日はYCAMの上映&舞台挨拶に伺いますね!!最前列で見守ります(笑)(笑)」と冗談交じりでメッセージをしてたのですが...
映画館の席の埋まり方の特性上、中段から後方から埋まり始め、行列最後方の私に残されたのは...『最前列の席』だったというオチwww

さて、映画の私感、ちょっと長文になる事、お許し下さいm(_ _)m

 フー、フー、と肩で息しながらも、力強く斧を振り下ろし、薪割りする寅夫じいちゃんの姿に、私の亡き祖父、大吉じいさんの姿がドンッとオーバラップしてしまい...命をかけ戦地から生き延びて帰って来た戦争経験者の『覚悟と凄み』を先ずは感じました。また『農で生きる』という共通項もひしひしと感じながら...。
 何より寅夫さんとフサコさん、お二人の『山にいるときの眼』と『山を下りたときの眼』の違いがスクリーンを通して本当に鮮明に映し出されてたのが、私にとって衝撃的でした。
そして、上映中は、二人にそっと寄り添いながら、インタビューされてるであろう、佐々木聰監督の表情や姿がスクリーンの向こうに鮮明に浮かんでました。

 佐々木監督の舞台挨拶もあってか、何を語っていいか分からなくなるくらい、万感の想いが溢れてしまって、「書かずにおこう」と一時は思ってたのですが、いつか今の気持ちを思い出すときが必ず来るので、無理やりにでも切り取っておこうと思ったのですが...結局纏めきれてないことをお許し下さい。

 帰って牧場で仕事しながらも、色々と想いが巡ってたのですが、フッと私の尊敬する不良牧師、アーサー・ホーランド先生に教えて頂いた芸術評論家の小林秀雄さんの言葉が思い浮かんできて、、、
「優れた芸術作品は、必ず言うに言われぬ或ものを表現していて、これに対しては学問上の言語も、実生活上の言葉も為す処を知らず、僕らは止むなく口をつぐむのであるが、一方、この沈黙は空虚ではなく感動に満ちているから、何かを語ろうとする衝動を抑え難く、しかも、口を開けば嘘になるという意識を眠らせてはならない」
まさにこういうことだな...と。誤解を怖れずに言うと「これはドキュメントが昇華した、人の生き様の芸術作品なんだなぁ」、これが見る人の心を引きつけて止まない理由なのか...独りこの感覚が昨日一日頭を巡っており、覚醒されて、昨夜はなかなか眠れませんでした。

 そして、これは上映中に既に強く感じてたのですが、これまたアーサー先生に教えて頂いた『お釈迦様の四苦八苦の教え』が、この映画にはギュッと詰まってるなぁと。

生老病死、
『生きる』苦しみ...
『老いる』苦しみ...
『病む』苦しみ...
『死ぬ』苦しみ...

『求不得苦』...
『五蘊盛苦』...
『怨憎会苦』...
そして、
『愛別離苦』...。

この世に生きていく中で、避けては通れないこれらの苦しみと、どう向き合って生きていくのか、どう見つめていくのかを『二人の桃源郷』見終えて、本当に考えて込んでしまいました。
それは、決してネガティブな感じではなく、不思議と前向きになんですよね。

私はもちろん評論家ではありませんし、上手く伝えられないですが、、、
『佐々木聰』という人物に惚れた一人として、今度は家族と一緒にこの映画をもう一度、劇場で見ようと思ってます。
DSC_2477

KRY山口放送の『熱血テレビ』 高橋 裕キャスターと高松 綾香キャスターとも御縁を頂き、しかも応援のお言葉を頂けるなんて、有り難い限りで恐縮でした。

舞台挨拶後、久し振りに暫し佐々木さんとお話しさせて頂いた別れ際、
「梶岡さん...ゆっくり、、、やっていきましょうね」と、この上なくゆっくりと発せられた佐々木さんの言葉に、またまた涙が溢れそうでしたが...目の前には次回上映を待つ行列の方々がたくさん並んでおられたので、私は足早に会場を後にしたのでした。
DSC_2479

皆さん、是非とも映画館に足を運んで、ご自身の色んな『想い』を感じて頂ければ幸せます。

『ふたりの桃源郷』
http://www.kry.co.jp/movie/tougenkyou/

samurai__cowboy at 23:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)友人 | 家族

2015年06月30日

『土づくりとは』をテーマに講演してきました!

先日、『JA防府とくぢ』直売所(とれたて満菜)さんの
勉強会にお招き頂き『土づくりとは』をテーマに講演させて頂きました。
『JA防府とくぢ』さんには、もう30年以上うちの堆肥『ヒューマス』を可愛がって頂いておりますが、圃場での効果に納得してから使って頂きたいとの想い等々から、営業を一切して歩かない梶岡牧場の方針でしたので、実は私、始めての訪問でした(^^ゞ
機会を与えて下さったユーザーである農家、原田剛さんに感謝ですm(_ _)m
兎に角、立派な建物と会場の大きさにビックリしましたが...90名の方がいらしてたとは(@_@)
DSC_1320a

DSC_1319a

『梶岡牧場の堆肥づくりの考え方』をベースに土づくりをどう考えるのか、そして『BLOF理論』もサラ〜ッとですがロジカルにクールにお話しするつもりが...あっという間の一時間。。。
また、熱く語ってしまっちゃったようです(゚_゚;)
11667385_495024813978208_6514049048490210737_n

11707424_495024800644876_4008790334210626677_n

30 JA防府とくぢ 22

終了後、多くの方の熱心な質問の数々に、私もユーザーの方々が持っている『堆肥』に対するイメージの勉強にもなりましたm(_ _)m
まだまだ伝えなければならないことがたくさんある!なぁ...と(>_<)
人工受精予定があったので、とんぼ帰りの車中で早速、営農の方から「もう数件、問い合わせがありましたので」とお電話頂き...有り難い限りです。
JAとくぢ本所横の直売所『とれたて満菜』さんにはヒューマスを使った滋味溢れる野菜たちが並んでおります。そして『ヒューマス』も並んでおります(笑)

samurai__cowboy at 19:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 腐植水

2015年06月14日

ビリオヤジでも。。。やればデキるはず!

日曜参観が終わった後、娘と姪っ子のリクエストで映画『ビリギャル』を見に行った。
年に数回あるかないかの娘との時間...。

中島史恵さんに勧められ『娘とシンデレラを見に行きますね』と約束したものの...(^_^;)
娘の「ビリギャルじゃないとダメ!」とリクエストされては(^^ゞ
でも、『ビリギャル』観ておいて良かった!有村架純が輝いてたし、またまた人生を深く考えさせられたすごくいい映画でした!是非オススメです!!
11062804_798167273611908_79731608428825356_n

最後に父親の背中に走り込んで『おんぶ』するシーンなんか...私のダムは決壊しましたわ(笑)
『意志あるところに道は開ける!(Where there is a will, there is a way.)』という坪田先生の言葉...ズドンと響きましたよ。
40過ぎて『家畜人工受精師免許』を取得、来月からは『家畜体内受精卵移植(ET)資格』、そして昨日からは『家畜商免許』を取るための講習。。。
そんなこんなで、経営者としてつまずいてばかりの『ビリガイ(GUY)』、いや『ビリオヤジ』な私(-_-;)...が心新たにした数日が過ぎ。。。
その『家畜商免許』講習会の会場になんと!!モナコやマカオなどに招待され、食肉のカット技術で世界を股にかけるミートスペシャリスト、沼本憲明氏がいるではないか(@_@)
DSC_1275

彼とは数人を通じて紹介されてて既にコンタクトはとってたものの、近々に彼の店、もしくは梶岡牧場でお目にかかる約束をしてたのだが、まさかこんなところでバッタリ会うとは...お互い「こんなこともあるもんやね〜」と奇跡的な出会いを笑顔で話した次第。
講義の合間、昼食しながら、肉のことについて色んなお話をしたが、肉に対する考え方はもちろん、根っこの部分の『命をいただく』で共鳴、『山口から世界ブランドの牛肉を!』と目指すところも同じ...ワクワク感満載で『沼本カット』を伝授してもらうべく、弟子入りを志願したところ、快く受け入れて下さいました、感謝!!
11304246_798170950278207_918966278_n

そして夕方からは銀行主催の農業者と食品業者との勉強会で『BLOF理論』のプレゼンテーションでした...その会場には、これまた世界に飛び出してる日本酒『貴』の杜氏兼社長、永山くんと久しぶりに会い、『酒米山田錦』のことを中心にワクワク感満載のお話。新しい取り組みが始まる予感。。。
qqqqq

『ビリオヤジ』でも『意志あるところに道は開ける!』ってとこ、証明してやろうやないの!!目指せ世界!!

samurai__cowboy at 10:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)家族 | 牛肉

2015年05月30日

お父さんになりました(^^ゞ

先生が静かに「ご懐妊です...」と。
父親になるって...やっぱり嬉しいですね(>_<)
といっても、3頭の母牛...いつものネタで失礼(^_^;)
昨日、獣医師による『妊娠鑑定』で3頭すべてが受胎してました!!!
DSC_1167

家畜人工授精師免許を取得し、種付けを開始してから...獣医師もビックリのまさかの受胎率100%(@_@) しかも、うちに来てから一年以上、不妊治療しながらも、まったく受胎しなかった母牛までもが受胎です( ̄0 ̄)
ビギナーズラックなのか…はたまたゴッドハンドなのか…百発百中!『授精師界のゴルゴ13』になれるか!?(笑)
冗談はさておき、繁殖農家として駆け出しの私が、滑り出し好調なのは、ひとえに畜産クラウドシステム『Farmnote』でのロジカルな個体管理と、先生・先輩方のご指導の賜です。Farmnoteアンバサダーとしての役目も結果で果たせ、恩返し出来たのではないかと思ってます。
この先「あの受胎率は夢だったのか…」とならぬよう、さらに兜の緒を締めて授精師道を邁進します!
来月は家畜商免許講習、7〜8月はET(受精卵移植)免許講習でそれぞれ免許を取得予定です。40歳超えで若葉マークだらけとなりますが...ロジカル且つ、これまでの人生経験での勘を頼りに、若葉マーク付けたままレースで優勝してやる!くらいの勢いで取り組みたいと思ってます。
そして、同じ日、女の仔たちに5種混合ワクチン打って『鼻ピアス』でオシャレしてあげました。
今まで『情熱』だけで牛を育ててると豪語してきた私...。その『情熱』に『愛情』を乗せて。
最後は愛なんですよ、愛...なぁ〜んてね。
DSC_1175


samurai__cowboy at 13:10|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 和牛繁殖

2015年05月13日

『BLOF理論』始めました!まずは『太陽熱養生処理』!

『BLOF理論』に基づいて『太陽熱養生処理』です!!
昨日は台風通過の真っ只中、午前中は家畜成体市場、バタバタしてなかなか近寄れなかった成牛市場…今日は新店舗の開店準備をしてるお肉屋&プレミアムバーガーショップ店主と一緒だったので、男気ジャンケン宜しく、ボタン押し続けてやる!!なんて出来るはずもなく(-_-;)
それにしても価格が段違いにレベルアップしてますわ(ー_ー)!!(笑)
DSC_1154

午後からは小雨の中、水分を程よく含んだところでテスト開始です。
DSC_1155

梶岡牧場の開墾した試験圃場にて、新開発の堆肥で『太陽熱養生処理』を行いました。
10a当たり12トン…5aに3トン散布車で2台散布投入してます。
10日前に散布してロータリーかけ、雨待ちしてた圃場なのですが…。
DSC_1156

シート掛けるために土を起こすと…!!??
ごらんの通り、もうすでに土壌菌たちがパーティーしてた!!!これには私もビックリ(@_@)
シート養生の前に『腐植水』も散布し梶岡牧場のフルスペックで『太陽熱養生処理』します!!
DSC_1161
DSC_1159
DSC_1158


親父の「現場で自分が実戦せにゃ(ー_ー)!!」の一言で始まった圃場テスト...助かってますが、さて何植えるんやろ(笑)
レストランで出てくるかも、お楽しみに(^_-)

samurai__cowboy at 23:44|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | BLOF理論

2015年04月29日

『堆肥づくり』から始まる『滋味溢れる野菜づくり』の『取り組み』



ついに菅レモン、山口でも販売開始!!

11202600_805218232896190_7901403505241974537_n

ユアーズさんはド変態ですよ(笑) 土づくりの前の『堆肥づくり』から語れるスーパーマーケットなんて見た事ありません。以前から、ことあるごとに流通関係者やバイヤーに『堆肥をキーにした滋味溢れる野菜たち』のお話をしてたんですが「そんなものはブランドになり得ないよ...」と失笑され(-_-;)
そんなお話を同じようにしたところ、地域に根ざしたスーパーマーケット『ユアーズ・バリュー』の吉武 健志​専務は店長を伴い、梶岡牧場まで堆肥の勉強に来られ...この『取り組み』が始まりました。
実際、野菜農家さんたちの『滋味溢れる野菜たち』の味に驚かれたのも『取り組み』を深化させたエビデンスとなってます。
時同じくして、食の専門誌『料理通信』5月号に『citrus farms たてみち屋』菅 秀和 ( Hidekazu Kan​) さんのレモンの取材記事が...
DSC_1150

梶岡牧場の堆肥『ヒューマス』の文字が書かれてるではないですか!(@_@) 私は『肉』で載りたかったのですが、それより先に『堆肥』で載ってしまうとは(^_^;)(笑)
DSC_1142


でも『いい牛肉はいい堆肥から』なんで全然オッケー!!でもこれは長くなるので、また別のお話でm(_ _)m

「梶岡くん...『取引』ではなく『取り組み』をしなさい」、元ローソン社長、都築 冨士男​さんが初めてお目にかかった時、私にそう言って下さり、私が大切にしている言葉を、一つ...一つ...ゆっくりとですが具現化出来てるような気がしてます。

『ユアーズ・バリュー×栽培農家×梶岡牧場』この『取り組み』のアライアンスとブランドの『尖り』を強固にするため『栽培農家が梶岡牧場の堆肥を使わなくなったら、店頭の棚からも消す約束』なんです。
これ、誤解を怖れずに言いますと、私自身にプレッシャーをかけてます。分かる方には分かるはず...。

さぁ、あのとき失笑してた方々にも是非味わって頂きたい!!滋味ある野菜たち...『ユアーズ・バリュー×梶岡牧場』ご体感下さい!!
そして先日、農業生産法人(有)美緑 堀田勝利​の圃場でまた新しい『取り組み』がスタート、晩秋には店頭に並びます、『ユアーズ・バリュー×美緑×梶岡牧場』ご期待下さい!!
10999580_726897444093377_7497436508817236885_n

11182242_726897457426709_6202203453071141786_n


samurai__cowboy at 09:40|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 腐植水

2015年04月18日

最強の酒米『山田錦』をつくるべく...

最強の酒米『山田錦』をつくるべく、着々と…。
ある意味最強の現場(笑)四駆にユンボ、クローラー散布機、敷き鉄板。
11113930_470288719803008_1387536776820575996_n

今年は雨ばかりで水田も乾いてないですが、安心して仕事できました(^^)
17125_470288679803012_1281360117833619578_n

最後の1台だけ私の韋駄天四駆も(笑)
11156222_470288636469683_197546830086788078_n

この堆肥で最強の酒米『山田錦』が数年かけて仕上がってくれる事でしょう...
そして、もちろん芳醇で力強い『日本酒』が出来るはずです。
土づくりの元となる堆肥づくりから始まる日本酒...ご期待下さい!

samurai__cowboy at 16:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)酒米 | 堆肥

『除角』作業の意味。

今日は朝から堆肥の積み込み2台と『除角』作業…。
28頭の牛たちと格闘も、 通称『ギロチン枠』のおかげでサクッと一時間で終了!!
11150571_770191036409532_2064528846836990949_n

見た目「痛そうで可哀想」と言われそうですが、これをしないと強い牛に弱い牛が必要以上に痛めつけられます( ・_・;)
11109719_770190993076203_1430549469117756166_n

契約先の会長、曰く…
経営的にも『一突き10万円の損害』に…(>_<)
(※真剣勝負なので、除角中の写真はありません)
午後からは堆肥の配送行ってきます!!

samurai__cowboy at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い | 牛肉

2015年04月12日

次世代農業技術『BLOF理論』前期カリキュラム スタート!!

先週、いよいよスタートを切りました!!
二年間、14回にわたる、
次世代農業技術『BLOF理論』前期カリキュラム。
11096578_766050026823633_313991473907422929_n

募集開始2時間で定員に達し、フタを開ければ定員2倍の60名でスタート。
新規就農者も多数参加してくれてます。
10999749_771790992916203_4953288154125896359_n

ということは...残念ですが、裏を返せば山口の農業の閉塞感のあらわれだと...私は認識しています。
後期と合わせて2年間、全14回にわたる講座で儲けられる『農業技術経営者』を何人輩出できるのか...
理論と実践の両輪で実戦的に山口の農業を...皆で変えてみせます!!
昨日もまた...迷える農業者が一緒に学びたい...と来場、やっちゃりましょう!!
受講者の皆が復習に使うe-ラーニングシステムの構築も準備完了!!
11149371_771791012916201_3895971938392541894_n

欠席してもしっかり頭に叩き込んでもらえます(^_-)

samurai__cowboy at 05:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)BLOF理論 | 堆肥

2015年04月11日

塩レモンワークショップ@夢食人&百姓庵 

ログハウスが集う人達によってキラキラ輝いた日。
過日、梶岡牧場で塩レモンワークショップが行われました。
うちの堆肥を使って瀬戸田で『食べるレモン』を育てるcitrus farms 『たてみち屋』 菅さんのレモン
10250230_771544112940891_1459166207316789137_n

と日本海に面した山口向津具で命の塩をつくる『百姓庵』 井上さんの塩がFIREHILL『夢食人』で出会いました。
11102966_771544576274178_9010109798967452211_n

11078039_771544442940858_4525731005764789774_n

11156366_771545022940800_1082651463557975361_n

本物のレモンと本物の塩...そして本物のお茶が出会った瞬間に立ち会えて私は幸せ者です。
イベント後、山口油谷、向津具半島の百姓庵さんにお邪魔して塩づくりと、その元となる海を見てきました。
11169986_771545246274111_921086556505952622_n

10984626_771545309607438_1027988214966089272_n

11149384_771546526273983_1866956562962044800_n


『自然の摂理』を、そして人間は海から生まれたのだなぁ...と改めて実感した日。
11110803_771546632940639_548437018189497497_n

そしてこれから始まる色んなモノが見えてきた日でもありました...感謝。
11109505_771546659607303_2868957500995598945_n

う〜ん、言葉に出来ない感覚ってこういう事なんだな...。
伝えられる文章に出来ない自分が...極めてもどかしい...。

2015年04月04日

はじめての...

子ども達は春休み、父と母、妹夫婦家族と、北海道旅行に連れて行ってもらいました。
出発前、下の娘が超ハイテンションで『お父さん!お父さん!私、初めてタクシーに乗るんよ!!( ´艸`)』と…。
まぢかよっ!!って大笑いしたけど…旅行なんて生まれてから連れて行ってやれなかったもんなぁ(・_・、)
でも今回、新幹線にも乗るし、飛行機にも…まさに『全部入り』の旅行に。
10463991_763133083781994_8235249022082843004_n

さて、留守番組の私たちは、長年手付かずだったレストランの外壁塗装工事…あとは屋根の洗浄を近々に。
11081362_763133110448658_7427626605155438448_n

11136688_763133120448657_8978880971862702210_n

11136616_763133147115321_1766601314377364944_n


その間に28頭の仔牛たちもやって来たり…
11111053_763133173781985_619882844957463959_n

これでもかっ!?って、お土産どっさり届いたり…(@_@)
LINEで妹から「その仔牛たちの飼育料を前倒しで使わせて貰いました」と添えられた一文(-_-;)
11129912_763133200448649_8771680783566936556_n

まぁ、楽しんだ『思い出』と共に無事に帰ってくるので良しとします。
さて、私はもう一仕事して、御一行様を駅にお迎えに上がります(^_^;)

2015年03月28日

『次世代の農業技術【BLOF理論】講習会』導入編 開催!!

先日、開催させて頂いた、『次世代の農業技術【BLOF理論】講習会』導入編。
募集開始、即日で定員30名が一杯になってしまい、急遽枠を増員して、
結局60名を超える参加者の方々をお迎えして、開催させて頂く事が出来ました!!
会場の設営トラブルに泡食ってしまいましたが(゚_゚;)
川棚コルトーホール、いい佇まいの会場です。
11111793_760378957390740_5654744825570960675_n

早めにいらしてた参加者の方々による温かいお手伝いのお陰で、何とか乗り切ることができ、反省と深謝ですm(_ _)m
この場を借りて深くお詫びとお礼申し上げます。
さて、しっかりとした産地形成もされているとは言いがたく、農業県ではない山口...
農業関係のセミナーは『無料』が常識、ましてや『BLOF理論』の認知も皆無なこの地で...
このようにたくさんの方々が興味を持って集まってくださったことに、深く感謝と同時に『熱』に驚きです。
11041743_760378904057412_5303454467854604298_n

それに応えるように、熱のこもった4時間の濃密な講義をして下さった日本有機農業普及協会理事 元木先生、有り難うございました。
10255366_760378927390743_3062236184429054170_n

BLOF元年!山口でも皆がうらやむ『儲かる農業経営者』を生み出すべく、ロジカルに粉骨したいと思ってます!!
山口から農業維新、『Revolution』を起こしましょう!!
先日の模様が、本日このあと11:30〜 TYSニュースで放送されます!!是非ご覧下さい!!中野雄也さん、プレスリリース有り難う!!
さて、来月、第一回目のカリュキュラム『BLOF理論 技術編』 4月12日(日) 13:00〜 @パルトピア山口
始まります!!

samurai__cowboy at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)BLOF理論 | 堆肥

2015年03月25日

次世代の有機農業技術『BLOF理論』講習会、山口県初開催します!!

img761



Facebookのイベントで30人の定員で募集して即日満員御礼、急遽調整して定員枠を拡大しました。
現時点で60名弱の参加者、山口県の皆さんの『BLOF理論』への関心の高さが伺えますね。
img757


梶岡牧場の堆肥ユーザーさん、堆肥『ヒューマス』+腐植水と、
この『BLOF理論』を組み合わせることでムフフな事になりますので是非ご参加下さい(*´艸`)

↓↓↓以下募集分です。
※即日満員のため、定員枠拡大しました!※

山口初!!儲けられる農業技術!!
『高品質』・『多収穫』そして『美味しく滋味溢れる高栄養』な生産物を!!
次世代有機農業技術である『BLOF理論(Bio Logical Farming)導入編』講習会を開催いたします。

一般社団法人 日本有機農業普及協会 http://www.jofa.or.jp/
理事 元木雅人氏 を山口にお招きして、『BLOF理論』とはなんぞや??
という、初級、導入編の講習会を行います。

有機栽培農家
自然栽培農家
慣行栽培農家
もちろん家庭菜園されてる方も...

どの農業スタイルでもこの『BLOF理論』をマスターすれば必ず結果が出せる!!
なぜなのか????
『自然の摂理』に基づいて植物生理に沿って『化学的かつ理論的』に考えられた農業技術だからです。
全国で農業ビギナーである『新規就農者』たちが、驚くほどの結果を生み出して、就農初期からしっかり稼いでいるのが何よりの証拠です。

「なぜ儲けられる有機農業が実現出来るの???」
「そんなのできるわけないよ!!」そう思ってる方にも是非、知って頂きたい技術なんです。
私も先月、佐賀で行われた『BLOF理論』導入編の講習に行って...
『目からだけでなく、身体からウロコが落ちた』感覚でした(笑)

なんとなくこれまでの経験や天候のせいにして栽培をしていても、農『作』で終わってしまいます。
皆さんの今までの経験を『BLOF理論』に上乗せして農『業』としてしっかり稼げるビジネスモデルを山口全土でつくっていきましょう!!

講習会参加費:3,000円/人 
定員30名→60名に拡大
(※即日で満員のため、定員増枠しました!)
日時:平成27年3月28日(土) 13:00〜17:00
場所:コルトーホール 川棚の杜 山口県下関市豊浦町川棚5180
( http://www.kawatananomori.com/institution.html )

なお終了後、元木先生を囲んで、『有機野菜の料理』で農業者交流会を開催致します。(交流会費:3,000円)

『BLOF理論』の秘密も聞けるかもしれませんよ!!(*´艸`)
(※なお講習会参加者は『川棚グランドホテル』さんのご厚意で特別価格で宿泊いただけます。)


『BLOF理論』提唱者の小祝氏の言葉をお借りします↓↓↓

有機栽培だから、堆肥を投入していれば良い、虫がつくのは仕方ない、収量は低くても仕方ないという時代は過ぎました 。 ただ闇雲に有機栽培を行っても、安全で美味しい作物を安定的に生産することはできません 。
本当に大切なことは、生産者自身が植物の成長過程を理解し、植物の栄養状態やほ場の状態を知ることです 。そして、土壌分析 ・施肥設計を行うことにより、科学的データを蓄積させ、微調整を繰り返しながら、自らの施肥体系を確立することだと考えます 。
その助けとなるのが、 BLOF 理論(プロフ理論)です 。 この理論に基づいて栽培を行うことにより、『高品質 』・『高収量』・ 『高栄養』が実現で、きる時代に入っています 。
BLOF 理論とは、自然界の法則に従った作物生理の科学的理解と土壌分析 ・ 施肥設計に基づいた科学的根拠を合わせた独自の有機栽培技術です 。
この栽培技術は、作物本来の力を取り戻すことができます 。 作物の繊維づくりや細胞づくりが正常に行われ、耐病害虫に優れた高品質の作物や大きさが揃った高収量の作物を栽培することができます 。 さらに、高栄養価の機能性作物を栽培することができます 。
能性作物とは、『抗酸化力 』、『ビタミン C』 、『糖度』、『硝酸態窒素』などの科学的データに基づいて作物の栄養価を評価するものです 。 BLOF理論に基づいて栽培された作物は、従来の作物よりも栄養価が高く、作物本来の旨味を感じることができます 。 また、えぐみのもととなる硝酸態窒素は低くなることが証明されています。

一般社団法人 日本有機農業普及協会 代表理事 小祝 政明

samurai__cowboy at 10:29|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)BLOF理論 | 堆肥

2015年03月23日

名脇役として最高の仕事をする...そんな存在でありたい。

高品質の食を伝える itadaki イタダキ 極上の食情報を召し上がれ。高品質を知る、食べる、創る、育てる。食の情報・通販サイト『itadaki』
(菅さんのレモンはこちら→ http://itadakinippon.com/contents/201503/347 )
itadaki

で逸品として、かっちょええ紹介して頂きました(^_-)v
798b113f7810539c3edd3b45e7e9e783

ed7b0eb4a47eebdfcfedf4904a842f0f1

じゃぁなくて、瀬戸田、菅さんのレモンの土づくりの一つとして...。
あくまでも裏方としてのお手伝い。
ヒューマスを使ったからといって、全ての農家が良くなるわけではありません。
全ての作物がよくなるとも思っていません。
あくまでも、農家の皆さんの日々の作物との対話があってそれは成立するのです。
でも、土づくりに使って下さった方々が、日々の微妙な作物の変化に気付いてもらえる...。
「あ、もしかしてヒューマスか...」という変化を感じ取ってもらえれば幸甚なのです。急な変化ではない...しかし確実に何かが変わる...土づくりとはそういうものなのです。
なんか、私が語れば語るほど、わけ分からなくらなくなりますね、、、文才無くてゴメンナサイ(>_<)
兎に角、ヒューマスがこうやって御紹介頂けるなんて...本当に嬉しい限りです。
eyecatch13-618x458

今は亡き、大吉じいさんの故郷、「忠海」の向かいでしっかり活躍してくると思うと、孫として誇らしいです。せめて私のblogでは主役にしたくて...、
明日からまた頑張れます。
さぁ、明日は朝一から日本のハワイ、山口大島の蜜柑農家さんたちへ届け!!と500回の筋トレ(トラックへの積み込み)です(笑)

samurai__cowboy at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 友人

2015年03月16日

家畜人工授精師としてのデビュー戦!?

注入!!!今日が人生初の人工授精、家畜人工授精師として本当のデビューの日でした(^_^;)
はい、道具から入る性格です(^^ゞ
DSC_0818

というのも道具のせいにはしたくないですし、『いい仕事はいい道具から生まれる』というのが私の信条。
しかし、プロフェッショナルは、どんな道具でも、環境でも、与えられた条件の中で最高の仕事が出来なければならないとも思っております。
さて、種が付いてたり仔牛が産まれたり、発情兆候が薄かったり...で、なかなか機会が訪れなかったのですが、いよいよ今日そのチャンスが訪れ、人工授精しました!
イソジン注入は出産後や、発情兆候が薄い牛に施術して難なくこなしてたのでさして緊張も無く。
子宮、卵巣、卵の状態を優しく触診確認し...いざ注入!!!
その瞬間、「種が付いて、仔牛が産まれてくる時の心情が変わるんやろなぁ」と、そんな事がフッと頭をよぎりました。
『父親になるような感覚』...とでも言うのでしょうか...シュールでスミマセン(>_<)ゞ
出産予定日過ぎた母牛の様子見てきま〜す! ε=ε=ε=(ー_ー)/

2015年03月13日

日本酒(酒米)プロジェクト 『東洋美人』澄川酒造場 再訪

先週、『東洋美人』の澄川酒造場さんから酒の仕込みにお誘い頂き、米農家、螢侫 璽爛薀鵐廟湘帖∪湘鳥瓩蛤橡。
DSC_0954a

酒米プロジェクト初年度、残念ながら一樽の仕込み量に僅か足りず、限定仕込みは出来なかったものの、特別に蔵の心臓部に入れて頂き、職人たちの酒造りの一端を垣間見させて頂きました。
時間と温度との闘い。
DSC_0956a

蒸した後の米はキラキラ、まるで宝石のよう…
DSC_0957a

静かで穏やかな時間が流れる空間…。
DSC_0959a

酒米との対話、麹菌との対話…まさにそんな感じの仕事。いつまでも口の中に甘さが広がる奥深い麹でした。
神秘的な微生物の働き。
DSC_0963a

まぁ、昨年、「五年を目処に、じっくりと…」と澄川社長とも話してたので、一歩ずつ。
西田氏も酒の仕込みを見て、しっかりイメージトレーニングが出来たはずです。
来年、面積も農家もグンと増え、しっかり限定醸造出来ることと思います(^_^)v
『東洋美人 原点 おりがらみ』さすが秀逸、果実香高く、兎に角、美味い…それだけです。
DSC_0974a


2015年03月10日

『亡くなる命と生まれる命』

一昨日夜、次女に号泣させられた...。
そして、嫌がる娘をつかまえて、ギューッ!!てしてやった。
すぐに投稿しようと思ったけれど、いい言葉なんか見つかるはずもなく。
俺のどんな言葉も娘の作文の前では陳腐になりそうなので...。
どうぞ親バカをお許し下さい。
でも、これでまた頑張れます!!!

1419657399755

DSC_0695

1

2

3

no title



samurai__cowboy at 01:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い | 家族

2015年03月07日

『BLOF理論』そして『小祝メソッド』という有機農業

3月3日の深夜、24時ギリギリ、ひな祭りの日に姫誕生(^^)v
10994048_748488248579811_5212484464942426511_n

翌朝、安堵して佐賀県で開催された『BLOF(Bio Logical Farming)理論による有機栽培』の勉強会に、うちの堆肥のお客さんでもある、ほうれん草農家の(株)ふくぷくファーム白井さんを誘って参加してきました。

午前中は佐賀大学で『腐植』の研究もされてる厨子農園の厨子氏、
1977051_748488328579803_6531613818971935150_n

午後からは(社)日本有機農業普及協会代表、小祝政明氏が直々の講習…最前列でカブリつかせていただきました(笑)
10419398_748488308579805_1688935344194502986_n

以前から勉強会に参加してた農家の方々が「脳みそがオーバーヒートする」「化学式ばかりで難し過ぎる」と言われてましたので...
S1010001

曲がりなりにも学生時代、有機化学研究室でDNAマーカーの合成をしていた私…
山口県内農家のインタープリター(通訳者)となるべく『伝え方の勉強』で参加するつもりでしたが…。
極々シンプルで『自然の摂理』に沿った理論…素晴らしい!!そして何より分かりやすい!!
CHOを切り口にここまでのことが理論的に説明できるのか!!??と腑に落ちることが沢山で、微生物の利用法もロジカル極まりない...裏側に見え隠れする理論も垣間見れた『深イイ』満載の勉強会でした。
梶岡牧場の堆肥と腐植水の可能性がどんどん広がりそうで、本当にワクワクしております!!
試験栽培だけでなく、自分でもガツッリ野菜栽培して儲けたくなるような、そんな理論でした。もっともっと深く、実戦も交えながら『BLOF理論』、いや『小祝メソッド』を勉強したい!鞄持ちしたいくらいです(笑)そんな衝動に駆られております。
身体が二つ…いや、三つ欲しくなりました(^^ゞはい、そう言うことなんです。


そしてお約束の佐賀牛...こんな見せ方もあるのか...これも勉強でした(笑)
11046621_748488355246467_8343124208545259265_n


samurai__cowboy at 16:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)BLOF理論 | 堆肥

2015年02月22日

FM山口『ザ・ムーブマン』に出演!!

『25分間で貴方の人生が変わる...かも』(^^ゞ
先日、エフエム山口に収録に行って来ました!
ヤスベエさんがパーソナリティされてる『ザ・ムーブマン』
放送回数500回を超えるモンスター番組です(@_@)
15883_741403582621611_7111818529486656741_n

実はヤスベエさんとは私が高校生の時からのお付き合いなんです(^^ゞ
前回、出演させて頂いたのが、ちょうど10年前...ムーブマン16でした(アイドルではありません(-_-;))
収録はといいますと、緊張もなく、楽しく会話って感じでスタートしたのですが、
この10年間のいろいろな『想い』が込み上げてきちゃって...(T_T)
危うく『放送事故』が起こるとこでした(>_<)
おかげで大事なことを喋るの忘れたぁ〜!!!(笑)
その様子はぜひ、放送をお聞き下さい!!
ローカル放送ですが、今は便利な『LISMO WAVE』や『ドコデモFM』で全国どこでも聞くことが出来ます。
↓↓↓
FM山口『ザ・ムーブマン』 今週末、ゾロ目の2月22日(日)18:30〜 放送です!!

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)友人 

2015年02月16日

瀬戸田レモンへの堆肥『ヒューマス』初出荷!!

今日は、午後から瀬戸田のレモン農家『菅 秀和(Hidekazu Kan)』さんの所へ送り出す堆肥『ヒューマス』と『腐植水』の積み込みでした。
トラックの積載ギリギリの満積載で、今日も筋トレ、900回!私の腕もパンパンです(笑)
10981436_739559789472657_5063130770659307993_n

過日、菅さんに送って頂いたレモン。今まで味わったことのない、香り高く深い味わいのレモンでした。でも不思議なことに包丁入れるまでは、その強い香りも内に秘められてるんですよね...ここに何か秘密があるのか...。
10993473_739559819472654_3496826639879808216_n

そんな菅さん、昨年、二度も梶岡牧場までわざわざご来場下さったのですが、初来場の日、うちの堆肥づくりの現場を見られて、即御予約いただきました。
今年から梶岡牧場の堆肥『ヒューマス』をレモン畑に使って下さいます。
10517468_739559876139315_305069760326849013_n
10527402_739559906139312_961971162018218041_n

どう変わっていくのか、私自身もすごく楽しみであります。
菅さんの理想のレモンに近づけるよう、全力でお手伝いさせて頂きます!!

samurai__cowboy at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 腐植水

2015年02月15日

恩師『和仁皓明』と『さの萬』熟成肉との会話

日本の熟成肉の重鎮『さの萬』の熟成肉。
大学時代の恩師『和仁皓明』先生が熟成肉の勉強にご招待下さりました。
私を弟子と可愛がって下さる和仁先生は言わずと知れた世界的なチーズの権威、もう20数年のお付き合いになります。
今回、先生がお取り寄せされた熟成肉を持ち込んでの食事会、いや勉強会でした(^^ゞ
アメリカから帰省中の先生の娘さん、そして下関の寿司・割烹『浪花』の大将夫妻・ご子息と同席させて頂き、下関の『タヴェルナ・ペペリーノ』で。
白菜のポタージュ、ぼやけがちな白菜の香りがギュッと凝縮してあり、一皿目からパンチ(笑)
10993448_739523442809625_5480682267875283630_n

パテも秀逸、河豚の白子のパスタは初めての味わいでした。
10978552_739523482809621_5371356617750987023_n

10978664_739523516142951_3829365553830607882_n

さて本題の熟成肉なのですが、さすが日本の熟成肉のパイオニア『さの萬』さんのものという感じ。
肉に内包された肉汁ではなくエキス...噛み進めると口中に広がる旨味と熟成香は何とも言えませんでした。
10987671_739523416142961_4647305464583273910_n

チーズも牛肉も同じタンパク質、私は『熟成』というよりは『発酵』に近いイメージを持っており、それはもちろん和仁先生も全く同じセンスでして...久し振りに深く語り合った夜でした。
御馳走様でした、合掌。

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛肉 | 友人

2015年02月12日

農家の武器『Farmnote(ファームノート)』という畜産クラウド

私がアンバサダーをしてる『Farmnote』の小林社長を北海道から招いて、農家と関係機関の方々への説明会をしました。

この『Farmnote』は『牧場を手のひらに』のコンセプトのもと、肉用牛、乳用牛を問わず、すべての畜産形態の牛に対応する画期的な個体管理はもちろん、経営管理までをカバーするクラウドサービスとしてリリースされました。
http://farmnote.jp/features/index.html

10982619_738304872931482_6021956146142732086_n

本来は小林社長と打合せ来場予定のみ…だったのですが、せっかく山口まで来られるなら、打合せだけではモッタイナイ!梶岡牧場に隣接する、山口県の畜産試験場の職員の方々向けに説明会をしよう!と提案、県内の農家の方々にも声を掛け、緊急開催!!(^^ゞ
直前の告知にも関わらず、皆さん興味持って、お集り下さいました。
10451908_738304869598149_8726649085521247258_n

農家の方々はもちろん、県職員の方々も、かぶりつきで興味を示して下さり、実際に牧場現場で使える、そして問題発見の強力なツールとしての可能性を感じて頂けたことと思います。
そしてその『Farmnote』の可能性に共感し、場所提供と各部署への告知までして下さった山口県畜産試験場、福島場長に深謝です!

終了後、打ち合わせしたダイニング『&吉祥』で出てきた『バーニャカウダの植木鉢』...『土』に関わってる我々としては心躍りましたし、野菜たちにとっても、いいデザインと心憎い演出だと思いました。
10953405_738304956264807_1455009769875736758_n

さて、そもそも、なぜ私がアンバサダーをしてるかって??『Farmnote』が素晴らしいのはもちろんですが…小林社長が『魂』を込め開発してる『血が通ったシステム』だからなんです。
10991379_738304912931478_8647135543077355509_n


そして一番は、牧場でいつも私の傍で腕組んで寄り添ってくれる『聡明な美人秘書』を手に入れた感じで...毎日がムフフなんですよね( ´艸`)
日本の畜産にイノベーションを!!!
って…私、説得力ありませんね...。
ああぁ(-_-;)(笑)

samurai__cowboy at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 牛飼い

2015年02月10日

『モノを創る』ってこと。

『モノを創る』ってこと、そして『シコリが取れる』ってこと。
この堆肥プラントの機械、実は導入当初からトラブル続きでした。
その上、代理店の対応や、メーカーの対応が余りにもお粗末で…この数年間、押し問答みたいなやり取り…。挙げ句には、自前修理でダマしダマしのプラント稼働と、連日続いた夜中のプラントの子守(笑)
10981201_736549293107040_4584942100135496224_n

トラブル無く動いてくれてれば『素晴らしい堆肥をつくる武器になってくれる』のに…。
そんな状態に終止符を打つべく、数年間積み重ねられた、怒り心頭の気持ちをかなり抑え込み、メーカーと一緒に丸一日、つきっきりで一緒に修理しました。
10959489_736966173065352_2839071910232460274_n

そして、その合間には代理店も呼んで三者でテーブル着いて、腹割って話もしました。
珈琲を持ってきてくれたお袋が、私の物言いにビックリするくらい…の内容でした。
畜産関係のプラントは365日休まず稼働させなければならないこと、そしてメーカーよりも、その機械に向き合う時間が長く、この子のクセを見抜いてること…『モノを作る』んじゃない『モノを創る』んだというニュアンスの話には最後はメーカーの社長も目頭熱くして理解してくれました。
私が堆肥づくりに掛ける信念やプライドは、メーカーが機械づくりに掛けるそれと同じ。少しのシコリがほっとけば大きくなる…。 そして、メーカーのプライドだけじゃなく、真剣勝負している我々ユーザーの使用感もキッチリ昇華させれば、より磨かれたプラントになると思うから、私も厳しいことを言うのです。
そのシコリが取れると「不思議と機械も『おりこうさん』になってくれるね」とメーカーの社長と笑いながら…試運転しましたとさ(^^ゞ
10649916_736549249773711_8954126500797476597_n
10174777_736549263107043_923303601092432422_n


samurai__cowboy at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 堆肥

2015年01月17日

人工授精師としてのデビュー戦!?

マイナス196℃のLN2(液体窒素)がゆらめき...映画『ターミネーター2』の世界みたいでした。映画みたいに人!?を凍らすわけじゃぁ〜ありませんが(笑)
人工授精用の凍結精液の購入、そして保存用のボンベに液体窒素を補充します。これで-196℃の状態で精液を半永久的に凍結保存出来るんです。
66150_724915974270372_5408594099980347637_n

逆に産まれた仔牛には寒さから護ってやるため、体温保存用のジャケットを着せてやりました。和牛なんで『ちゃんちゃんこ』ってとこでしょうか(^^)
10891444_724916224270347_7067559562833604083_n

繁殖農家や酪農家さん達は日常の風景になってしまっているんでしょうが...家畜保健衛生所にて免許証の授与を受けた直後、まさに異次元の世界へ足を踏み入れたようで...。
今まで預託肥育一本の世界しか知らない畜産業界の異端児であったサムライ・カウボーイには、一つ一つの出来事が新鮮で...凄く興味深いのであります(^^ゞ
1912501_724940864267883_8428699267884598419_n


samurai__cowboy at 15:37|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2015年01月06日

2015年のスタート

遅ればせながら…
謹賀新春、本年もどうぞ宜しくお願いいたします!
正月にup!と思ったのですが…皆さん初春を迎えられ、楽しんでおられるところに無粋な話と思いまして(^^ゞ
もちろん私には正月休みはございません。
元旦は従業員にはゆっくりと休んでもらい、取引業者からの携帯も鳴り響くこともなく…。 私一人で牧場作業をしながら『今年の歩き方』をデザインする貴重な時間でした。実はここ数年の慣例となってます(^^ゞ
10888950_719015284860441_1930274842689071251_n

遡って、大晦日には真友と彼の社長室で、今年を振り返り…そして『誓い』にも似た翌年の展望を語りあったのでした。年末の多忙な時間を私に割いてくれる彼に本当に感謝。
昨年も確か、ここで年の瀬に同じような、いい時間があったなぁ〜と、同時に、いつか彼のような社長室が持てるように頑張ろう!これも年末の慣例となりそうです(^_-)
さて、年が明け、予定日を過ぎヤキモキしながら待つこと二週間…の1月3日、ついに男の子誕生しました!!仔牛…ですが…(笑)
10891601_719015268193776_5359856996758678841_n

出産待ちのおかげで、嫁さんの実家へのご挨拶も御無礼する事になりました(>_<)
でも、新たな命も生まれ、元旦に仕事のスタートを切って、皆より4〜5日のアドバンテージがある!と想うことにし(^_^)v
息切れせず、今年も突っ走れるか!?…自分との戦いです!!
そんなこんなで、本年もどうぞ宜しくお願いします!
お前、新春から長文、空回りしてるやろ?って突っ込みはなしで( ・_・;)(笑)

samurai__cowboy at 12:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 

2014年10月22日

CCSシティーケーブル周南に梶岡牧場が登場

梶岡牧場がCCSシティーケーブル周南に登場してます。
梶岡牧場の堆肥がなぜ圃場で効果を発揮するのか...秘密がギッシリです!
ぜひご覧下さい!なんとyoutubeでも見れちゃうんですね!!

【makkey&masumiのお野菜探訪 vol.3 梶岡牧場】
■ケーブルテレビ(CCSシティーケーブル周南)
・放送期間 10月16日〜31日
・チャンネル 11
・放送時間 視聴可能世帯の方はテレビの番組表ボタンで確認ください
エリア外の方、市外の方は下記リンクをクリックしてご覧くださいね。
https://www.youtube.com/watch?v=9KKGIJgAD8s



20141022-223045


野菜ソムリエ西川 満希子さんの美味しい「斬新すき焼き丼」も登場!
レシピはこちら(西川満希子さんのブログ)
20141022-223203


そして来月発売予定の農家さんにとっての秘密兵器「腐植水」プラントもメディア初登場です!
20141022-222301


このご縁を下さったレポーターの和田真純さん(写真中)に感謝ですm(_ _)m
10690334_697484457002902_7464453031000678385_n





samurai__cowboy at 23:13|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 堆肥

2014年10月06日

『金の成る木』になるといいなぁ。

『金の成る木』がすこぶる元気になっちゃいました!
五円玉差し込むヒマありません(^^;)(笑)
瀕死の二鉢でしたが当社製造の『腐植水』の土中潅水と葉面散布で見事復活!
(^_^)v
DSC_0402 (2)


恥ずかしながら、二鉢とも管理不足で元気がなく幹までシワシワになってて...(>_<)
でも、ご覧のように腐植水だけで緑濃く肉厚、元気に生き返りました!(^_^)v
(※腐植水は肥料成分ではありません)
DSC_0403 (2)


特に左の鉢は、かなり重篤でシワシワで干からびてカリカリになってて、家族の誰かが諦めて抜き取って捨ててた(-_-;)のを鉢に差し込み施用。
なんと根本から新芽が出てきました。こぼれ落ちた葉っぱも元気に復活〜!(@_@)
DSC_0404 (2)


現実も『金の成る木』になれば...と独りでムフフと微笑んでおります(笑)
昨日も樹木医の方が噂を聞きつけてご来場下さいました。
『腐植水』...農家の皆さんや樹木医さんたちの「武器」にして『金の成る木』にして頂くと幸甚ですね!
腐植水の製造プラント設置から約一年...実証テストも最終段階、いよいよ発売間近です!


samurai__cowboy at 10:05|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)腐植水 | 堆肥

2014年09月15日

堆肥ユーザーさんからの嬉しい贈り物と「秘密兵器」

うちの堆肥ユーザー、『(株)ふくぷくファーム』さんが、シティーケーブル周南に登場!!(下の画像をクリックするとyoutubeで見れますよ)


1


夏真っ盛りのホウレン草のハウスとは思えないくらいの元気さに私もビックリ(@_@)
c
レポーターさんも野菜ソムリエさんも元気さにビックリされてます。


土づくりのお話では、わが梶岡牧場の『ヒューマス』が登場!!
その中でも「いつもはMAXでも1,500束採れたらいいのに、ヒューマス使って2,000束超えちゃいましたよ(^_^)v」ってのには堆肥職人として感無量。
そう言えば、興奮して社長の白井さんが電話してきた事あったなぁ〜、冷静に考えると...売上30%以上の増か...スゲぇ。
収量はもちろん、うちの堆肥の最大の武器は「味が良くなること」なんです。

そして、堆肥+農家のための新しい秘密兵器『腐植水』のテスターでもあります。
ふくぷくファームさんの率直な感想、Facebookでも、こう投稿されてます。

以下引用↓

「梶岡牧場さんから頂いた腐植水をかけています。
(農薬、化学肥料ではありません)
10606038_605957552854597_4150413157061262755_n

ホウレン草の元来ある力が湧き出るようです。見よっっ夏なのにこの太さと繁り様!!」
10411259_605957526187933_4454285029850808827_n
10689915_605959109521108_6251929266652808901_n

↑以上引用。


でも、全ては農家さんの努力の上に成り立ってること。「道の駅ソレーネ周南」や県内スーパーでこれからも年々美味しくなっていく、ふくぷくファームさんの「ほうれん草日和」の成長を楽しんでみて下さい。
b


「うちの堆肥を使うことで農家さんに儲けてもらえれば、うちも儲けさせてもらえる...圃場で効果を発揮して、なんぼ!!」私が堆肥製造の時に常に考えてることです。
これからも影武者ながらも、胸を張ってしっかり農家さんを支えなければ、と気が引き締まりました!


samurai__cowboy at 00:48|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 腐植水

2014年08月31日

本物のザッハトルテと堆肥の配達!?

今日、夏休み最後の日は下の娘とトラックで袋詰め堆肥の配達。
もう、このお客さまとはお付き合いをはじめて6年くらいになるかなぁ〜、野菜の味が変わったと喜んで頂けてます。
そしてその配達先で頂いた巨峰。むちゃくちゃ凝縮感あって酸味と甘みのバランスが絶妙、香り高く美味かったです!!

DSC_0275



そして、夏休み中に、よく手伝ってくれた子供たちと甥っ子たちに、私の大好きな『ティーゲベック』のケーキを買って帰りました。
以前も堆肥の配達の時、何も知らずウィーン菓子の看板につられて、ふらっと立ち寄り、シェフと奧さんと随分長く、菓子についてお話しさせて頂きました。いつもツナギ姿でトラックで乗り付けて申し訳ない気持ちでいっぱいなのですが...(^_^;)

さて、ここのケーキ、派手さはないんですが、『質実剛健』をカタチにしたようなケーキたちです。
中でも一押しは『ザッハトルテ』180年以上前に生まれた伝統のレシピを頑なに守り続ける逸品。
私が味を語ってしまうと陳腐になってしまうので、是非とも味わって体感してみて下さい(>_<)
シェフは本物のザッハトルテの伝統文化を守り伝えるために、日本各地で指導もしておられるそうです。

DSC_0280


そして、ザッハで使う、杏(あんず)ジャムもシェフ自ら作られてます。
その杏の仁(種)をきちんと使われた『杏仁豆腐』がこれまた秀逸!!
私が奧さんに『杏仁豆腐って、もしかして杏の種から作られてるんですか?』って伺うと、それはそれは嬉しそうに満面の笑みで「知っておられるんですね!!」と...こっちが照れちゃいます(笑)
大半の杏仁豆腐がアーモンドエッセンスなどで作られてる昨今、これが本物の杏仁豆腐です。
多くの人はウィーン菓子でなぜに杏仁豆腐??と思われるでしょうが、こんな繋がりがあるんですね。

DSC_0282


そんなエピソードが全てのケーキにひっそりと隠れてる『ティーゲベック』
牛乳も牧場(酪農家)から直送してもらい、今どきプラスティック容器でなく、全てグラスを使われてるって所に、シェフの菓子づくりに対する姿勢と敬意が伺えます。
私も仕事はかくありたいとあらためて思った次第です。

お行儀悪いですが、子供たちが食べてる全てのケーキをワンスプーンして歩いたのは言うまでもありません(笑)

2014年08月28日

蝉が娘を救ってくれた!?

昨日、長女が無事退院しました。

退院祝いに何が食べたい?と聞くと迷わず「お肉!!!」ってことで...
私は月曜から連続の肉食と相成りました(^_^;)

DSC_0272


実は先週の土曜日、親子作業の登校日、友人たちと下校途中に自転車の単独事故で怪我をして...。
友人たちの迅速な連絡で、すぐ市内の病院に連れて行きました。顔を強打してたのですが外傷はそれほどではなく...。しかし、顔面を打ってること、吐き気があること、診察中に傷の痛みより眠気が襲ってくること...CT画像に微量の出血が気になるということで、ここで入院して経過観察してもいいが、何かあったときに迅速な処置が出来るよう、脳外科と眼科、耳鼻科の専門医に診せてた方がいいだろうと、救急車を要請下さり転院となりました。
転院先での診断は「眼窩底骨折」、そして入院...丁寧な診察と説明、治療を受け、昨日まで回復を待っておりました。

取り敢えず退院でき、手術の必要性はゼロではないにしろ、眼球の損傷や、脳に異常がなくて本当にホッとしてます。
迅速な連絡をしてくれた娘の友人たち、救急車での転院を的確に判断して下さった先生、転院先で治療に当たった下さった先生方、看護師さん、お見舞いに来て下さった沢山の方々...皆さんには、感謝しきれないほどの感謝です、有り難いです。

夏の真っ盛り、娘の自転車に抜け殻を残して巣立った蝉...。
周りにはいっぱい木があるのに、なんで娘の自転車から巣立つの?...って珍しくて写真に残してたのが一ヶ月前...。

DSC_0181


自転車は前輪のみスポークが数本折れて、リムも大きく捩れてます。

DSC_0271


でもダメージは前輪だけで、他は不思議なくらい無傷なのです。
もうこの世にはいない蝉が、私の娘を護ってくれたのでしょうね...。
有り難いことです、蝉にも感謝です。それにしても不思議なことがあるもんですね。

samurai__cowboy at 20:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)家族 

2014年08月17日

カウボーイの相棒、長靴が...。


カウボーイの相棒、長靴が...。
DSC_0241



Achilles「ワークマスター」日本製。
プロが土木作業に毎日使っても「5年はもつ」と言われてる、Made in Japanの最強長靴。中には「一生もの」とも言われる方もいるほど。
そんな最強長靴でも、私たちカウボーイが履けば、一年ちょっとでソールはすり切れてしまいます。
私の命を守ってくれてる代わりに、こうやってすり減ってるんだなぁ...。
梶岡牧場1


もうかれこれ20年間、「365日足を通さなかった日がない」といってもいい相棒です。すり減っては買い...を繰り返しています。
私は、「少し高いな...」と思う物でも「実」のある機能的なものは「長く大切に使い倒したい」って性分なので、ソールを張り替えて使いたいくらいです。
DSC_0243


数多くの長靴を買ってきましたが、これに足を通したときは「やっと出逢えた」って感じでした...まさにスキン。
ホームセンターで買った安い長靴は下手すりゃ数日(笑)、海外製のオシャレ〜で結構お高い長靴でも長くてもって2〜3ヶ月で使い物にならなくなってましたから。

隣の黒いヤツは有事に備えて予備で置いてるほぼ新品ですが、サイズは全く同じ26.0cm。ご覧のように擦り切れと、若干の縮みでこれだけ高さが違ってくるのです。
でもご覧下さい。くるぶし、ふくらはぎまで、不思議とその人の足のカタチにフィットしていくんですよね...。
それが理由かどうかわかりませんが「グッドデサイン賞」も受賞してます。
20140817_114739


身につけるものから「質実剛健でなものづくり」...学ぶところがたくさんあります。こういう姿勢で私も仕事をしていきたいものです。
長靴の横に見えるグローブ「ショーワのGRIP」も20年近く私の命を守ってくれてる大切な相棒です。

「ワークマスター」田舎では一般的な長靴に比べてはお高いので売れないのでしょう。近隣のどこの店も取り扱いを中止してしまって...今はネット通販で購入してます。
本当に良い物が、実際手に取って触れることができる町の店から消えていく...そんな寂しさもあり投稿させて頂きました。

次はシャア専用ならぬ秀吉専用「ワークマスター・赤いヤツ」...買っちゃった。
「三倍速く」仕事が出来るかも(笑)
20120812165328_img2_67


samurai__cowboy at 16:19|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2011年11月26日

見捨てられた預託農家


 安愚楽牧場が民事再生(清算型)から破産手続きに至る間、預託農家優先に牛の売却を進めるという報道がなされましたが、現実はまるで違っていました。
 うちを含め、いくつかの預託農家は早い段階から買取の意向を示しているにもかかわらず、代理人・管財人は何の相談もなく大手食肉業者に販売していったのです。預託農家の知らないところで取引され、いつの間にか牛は転売されてしまっていたのです。。。
 
 さかのぼると、8月頃から牛の出荷が日々続きました。それは、適齢期に満たない牛が早期出荷され、牛肉として換金されるということです。牛飼いとしては、適正な月齢で出荷するのは達成感で満たされ、胸を張って送り出せるのですが、早期に出荷されるのは牛に対して本当に申し訳なく、忍びない思いがしてなりませんでした。民事再生に入ってからも、その動きは加速化され、6ヶ月以上もの早期出荷がされるようになりました。若い牛(肉)が食肉流通に出回ることにより、肉の相場が下がり他の畜産農家にも多大な被害が及ぶのです。このままでは日本の畜産の崩壊も避けられないのです。
 どうにか阻止できないものかと弁護士に相談し、商事留置権を行使することにより一時的に若齢出荷を止めることが出来ました。それも束の間の出来事です。今度は食肉業者に牛たちの販売が始まったのです。
 安愚楽牧場から食肉業者に権利が移り、契約をしなおさなければならないのですが、食肉業者が提示する預託というのは、これまでの「預託契約」とは大きく異なっているのです。食肉として換金されるまでの半年〜1年の「一時預り契約」だったのです。つまり、現在牧場にいる牛たちが出荷されてしまえば終わる。。。
 私たち農家が継続性のある正規の「預託契約」であれば納得できるのですが、「一時預かり契約」だと、約1年〜1年半後には牛飼いとして存続できなくなるというわけです。その場しのぎでも、その道を選択せざるを得ない預託農家が殆どなのも現実です。
 その間にも牛の出荷は徐々に行われ、飼養頭数は減っていく。。。新たな仔牛の導入もなく、預託農家はまさに真綿で首を絞めるらるような壮絶な苦しみとともに畜産経営の終焉を迎えなければならないのです。
 
cap006

 そこで、こんな惨めな想いはしたくない僕たちは、梶岡牧場で牛を買い取る事を決断しました。資金手当てをし、買い取り交渉に入りました。
 ですが、九州地方の預託農家の牛は一括して大手の食肉業者に売却され、買い取りが出来ない状態になっているのです。
 報道では、預託農家優先で売却をすすめていると有利な方向へ進んでいるように見えますが、現実には真逆でこのような状況、見捨てられた感が否めないのです。
このことは梶岡牧場の代理人でもあり、安愚楽牧場預託農家弁護団 柿内弘一郎 弁護士の情熱あふれるブログでも書かれてます。


こんな状況では「そっと命を捧げてくれる牛たち」に本当に申し訳ない。。。
そして「美味しい笑顔の食卓という最高の舞台」に自分の手から送り出してやれない悔しさばかりが。。。

サムライ・カウボーイが本当の「サムライ魂」を見せなければならない時が来たようです。。。
まさに今、武者震いがしてます!!



samurai__cowboy at 12:30|この記事のURLComments(18)TrackBack(0)牛飼い | 牛肉

2011年11月25日

和牛オーナーと預託農家の想い

 安愚楽牧場に投資していたオーナーは、「銀行より少しだけいい金利、高配当」を期待していただけの投資だったのだろうか?「畜産支援、和牛の所有オーナーという満足感、投資家オーナーが日本の畜産を支えている」という気持ちもあったのではなかろうか?
 少なくとも、僕たち牛飼い農家は、後者の思いを持った人が多分にあると思いたい。
 原点に返ると、和牛投資オーナー制度が始まった当初はこの思いが経営者側もオーナー側も強かったはず。。。畜産経営は投資する額が大きく、投資期間も長い。。。その上、エサ・仔牛・枝肉と三つの相場にコントロールされ、投資額の割に儲けが少ない業種。さらにここ10年はBSE、口蹄疫、セシウム牛肉問題と次々に降りかかる火の粉、ハイリスク、ローリターンを絵に描いたような現状。。。
 だから、自己資本を持たない畜産農家は借入資本では経営を継続していくことが難しく、資本家の預託農家にならなければ畜産経営を安定したカタチで続けていくことはできませんでした。
 これは、畜産に限らず農業全般に言える事なんです。そうでなければ政府も農業にあれだけの補助金を投下できるはずがありません。そして、極めつけに起こった安愚楽事件は現在の日本国農業の現実を浮き彫りにした事件なのです。
 日本の和牛の約2割を保有していた安愚楽牧場と投資オーナーのおかげで、僕たち預託農家は日本の和牛を守れるんだ!と信じ、日々牛たちの世話をしていたのです。
 オーナーの思いは違ったとしても、365日休みなく行われる労働に対して「不満足な対価」であるこの牛飼いの仕事。。。
 それでも心が折れずに牛飼いを続けてこられたのは「おいしい!」と喜んで食べてくれる生活者の皆さんの笑顔と「いただきます。」が「お金に変えられない大きな対価」として僕たちにキチンと届いていたからなんですよ。。。


あわせて読んで頂きたい!梶岡牧場の代理人でもあり、
安愚楽牧場預託農家弁護団 柿内弘一郎 弁護士の情熱あふれるブログ、
必読です!


samurai__cowboy at 08:51|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い | 牛肉

2011年08月25日

講演をしてきました!〜農家としての情熱とプライドを伝える〜

 昨年に引き続き、農業法人に就職した若い社員を集めて「農業法人が求める人材について」と題して講演をした。ディスカッションも含めて2時間弱の講演であった。先が見えない状況の中で、本来なら講演をしている場合ではないのだが、「この状況だからこそ伝えられること」や、生産者としての「情熱とプライド」など僕の農業に対するエッセンスをお話しさせて頂いた。

 講演をした僕自身、いろいろな事が見えて充実した時間を過ごす事が出来た。いまの若い子たちが農業に対してどのような想いや考えを持っているのかを知ることができ、自分が同じ年齢の頃の想いや考えとの違いも認識することができた。いまの時代背景が大きく影響しているんだなぁ〜と感じることも多かった。

 昨年は、例年になく離職者が少なかったと事務局の方から聞いた。聴講者に対するその後のヒアリング調査でも、あの講演で聞いたときにはピンとこなかったことが、仕事をする上で合点がいくことが多くあったと聞いたときは、おもわずうれしかった。
 今年は果たして僕の農業に対するエッセンスがきちんと伝わったのだろうか?伝えることができたのであろうか?

 畜産を含め、今の農業界は外的要因が大きくうねっており淘汰の時期に突入してきている。
そういった中でも、自分の創るものに対して「情熱とプライド」を持って、それをきちんと伝えていけばファンとして応援してくれる生活者は必ずいる!そう信じて頑張って欲しいと願う。
 
 うむ、これは自分に対してのエールでもあるなー。



SN3D0441a


samurai__cowboy at 23:00|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)牛飼い 

2011年08月16日

シャンパンは悲しいときにも勇気を与えてくれる!

もちろん牧場にお盆休みはない。ましてやレストランをやってたら、お盆は稼ぎ時、休めるはずもなく。。。
そうはいっても、妹夫婦と子供たちを呼んで、今日はお盆のお疲れさん会をかねてのBBQ。
美味しい肉を用意する以外に特別なことができるわけでもなく、ワイン蔵に潜めてあったワインで乾杯しようということになった。

FIREHILLでも取り扱ってるココファームワイナリーが、シャンパーニュ製法でつくるスパークリングワイン「ぐらんのぼ」。あの世界のソムリエ田崎真也さんが推薦し沖縄サミットでも使用されたので、一度飲んでみたいな〜と思って自家用にこそっと潜めておいたんです(^.^)
DSC_0079a

DSC_0080a

正月以来の飲酒人口だったんで一本で足りるはずもなく、今度はシャンパーニュ。
知人に頂いて潜めていた当たり年のドン・ペリニヨン1996を開栓。
DSC_0081a


束の間のちょっぴり贅沢な夜となった。
だが、酒がまったくといっていい程飲めない僕にとって、2本のテイスティングはもちろん撃沈を意味した。

10年程前であろうか、僕がワインの勉強をしていたころ、すごく心に響いた言葉があった。そのフレーズがふと頭をよぎったのだ。

「シャンパンは幸せなときを、なおいっそう華やかなにしてくれる。。。そして、シャンパンは悲しいときにも勇気を与えてくれる。。。」

僕は、シャンパンはその儀式にも似た製法から、節目、節目の「特別なとき」に飲むものだと思っている。大変な時だって「特別なとき」には変わりない。

だから梶岡牧場にとって、こんな時に・・・、ではなくこんな時だからこそシャンパンだと思った。

つらい状況の僕にとってシャンパンは勇気を与えてくれた。。。

BSEに始まり、口蹄疫、生肉問題にセシウム牛肉問題、
そして極めつけが・・・。
でも、これは自分に与えられた試練だと受け止め、
今、この状況でしか感じれない事を楽しんでみます!


それもこれもすべて夢の途中・・・。
必ず何とかなると信じて頑張りますので応援していてください!


samurai__cowboy at 23:30|この記事のURLComments(2)TrackBack(0)牛飼い | 牛肉

2011年07月23日

恒例「大遊会」花火例会にサムライ・カウボーイと安愚楽牛が参加!!

〜そして心が洗われた瞬間〜

サムライ・カウボーイの親友であり、よき応援者でもある(株)mbs山本貴士社長宅にて恒例の「大遊会」花火大会BBQに安愚楽牛と一緒に参加。大遊会は知る人ぞ知る、宇部を中心とする県内の若手経営者の凄腕集団!?。
豪邸での開催はもちろん、ポルシェ911での登場者や(勇太くん、ポルシェ乗ってたの!!!?今度ドリフトさせて〜な(^^ゞ)サプライズのバイオリン生演奏(”AGオタニ”プロデュースの葉加TheジャイアントfeaturingクラッシックM)などセレブの雰囲気満載!!そこに負けじと私、サムライ・カウボーイと安愚楽牛の登場です!!
(もう数年、恒例行事になってるのにブログにアップしなかった怠慢な私をお許し下さい(>_<))
山口県No1セレブロガー(株)モトクロス社長、松ちゃんが、「この人たち、日頃たいがい美味いもん食っちょるんやけど、そのみんなが美味い、美味いって言うんやから本物やね〜」と。。。ありがたいコメント♪
臨場感あふれるレポートは山口県No1の「モトクロスブログ」でご確認を!
最高に盛り上がった宴も終わり、みんな千鳥足で家路についたのは言うまでもない。。。

静けさを取り戻した山本邸で、主の貴士くんが僕に「コーヒー入れるから飲んでいけば」と。二人椅子に座り、奥さんがいれてくれたとびっきり美味しいコーヒーを飲みながら、しばしの間くつろいだ。
昨今の畜産業界の大きなうねりの中で梶岡牧場の向かうべき方向、経営者としての立ち位置、成長していくためには何が必要かなどなど、日付が変わってるにも関わらず親身になって的確なアドバイスをしてくれた。
そういえば口蹄疫ショックの時も、携帯メールに深〜い一言をくれた。自然と涙があふれるほどの。。。
要所要所、すごいタイミングでのアドバイスってやっぱりスゲ〜よ。貴士くん、いつもありがとう!!
心が洗われた瞬間であった。。。感謝。



DSC_0066

葉加TheジャイアントfeaturingクラッシックM
情熱大陸でスタートし約10曲の演奏。
傍らでは凄腕プロデューサー”AGオタニ”の姿が。。。


DSC_0058

盛り上がりを見せる中。。。


DSC_0067

やはり恒例となった凄腕プロデューサー”AGオタニ”自らのショーで締め(笑)。楽しみ過ぎて肉の写真撮り忘れてしまった!!(爆)


samurai__cowboy at 13:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)友人 | 牛肉

2011年07月02日

友人、そして同じサムライである衆議院議員 たかむら勉 氏 来場!

6月22日、一通の書状(メール)。久しく逢ってなかった友人でもありサムライの同志でもある衆議院議員 高邑くんからであった。まだ2人が20代、高邑くんが参議院議員 鈴木寛さんの秘書をしてた頃に知り合い意気投合。かの時代のサムライ同様、書状(メールや手紙)でのやりとりでお互いの志の確認をしていた。お互いが共鳴するふつふつとした熱いものを感じていたのは言うまでもない。彼は中国・北京大学に留学中にも手紙をくれる律儀なサムライであった。
さて、その書状(メール)の内容なのだが、「最近、畜産の勉強をしている。福島の家畜問題を解決する解にできないか、近いうちに牧場に行って畜産の現場の声、そして現状を知りたい。」と。。。「自分のブログを見てみてくれ。」とも書いてあった。早速、たかむら勉ブログを見てみる。365日、いのちと向き合ってる僕でさえ目を背けてしまうような牧場の惨状、アルピニスト 野口 健さんとの現場視察など、現場では報道以上に計り知れない事になってると悪寒が走った。「そういうことなら速いほうがいいだろうという事」、「よろこんで協力する事」を伝えた。
そして数日後、突然携帯にホットライン。「明後日、牧場に行ってもいいか?」と。即答で「大丈夫、スケジュールはアレンジする!」と僕。ただ防疫体制がシビアなので配慮してくれとお願いする。
そして。。。同志サムライの再会である!
海外渡航歴等のチェック後、タイベック防護服とシューカバーを着込んで牧場の中へ。給餌ロボットでの給餌作業を横目に畜産業界の現状や問題点、高邑くんが提案する「希望の牧場」構想についてのこと。そして何よりカロリーベースのグロス自給率→ネット自給率の考えへのシフト。つまり肥料と飼料の輸入依存度の高さの解決方法案など、つまり畜産はもちろん島国日本の農業システムの根本的な見直しについて熱く議論した。飛行機の時間ギリギリまでの一時間半足らずの時間であったが、お互いの熱い思いをぶつけ合えた貴重な時間であった。帰り際、高邑くんが「あかべこ」のキーホルダーをプレゼントしてくれた。それは福島県会津地方の民芸品で聖なる牛として崇められ、魔除けとして伝えられているという。そして僕たち2人の干支の守り神でもあるという深イイ!メッセージ性のあるものであった。
高邑くんの目は、昔と寸分違わず力強かった。男として独楽のようにブレない信念を感じたよ、高邑くん!!
「お互いサムライとしてそれぞれの道で頑張ろう!」長州のこの地で誓い合った。


長州のサムライ「たかむら勉のブログ」

takamura1
畜舎にてサムライカウボーイ”梶岡秀吉”と
長州のサムライ”たかむら勉”そして親父”梶岡春治”


takamura2
ファイヤーヒルにて


akabeko
福島県会津地方の民芸品 ”聖なる牛 あかべこ”




samurai__cowboy at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)友人 | 牛飼い

2011年03月24日

”一風堂”河原成美さん&”インタークロス”栢野克己さんと出逢う!

会場は伊藤博文公に縁があり歴史ある下関のふぐ料理店「春帆楼」で行われた次世代育成研究会のセミナーに参加。なんとその会場には偶然にも山口県No.1ブロガー(株)モトクロス社長、松ちゃんが参加してるではないかっ!!
さて、講師はラーメン界の雄、「博多一風堂」を展開する(株)力の源カンパニー河原成美社長。そして”弱者の戦略”で有名な経営コンサルタント、(株)インタークロス栢野克己社長。自分で言うのも何ですが、物言わない500頭の牛たちとアイコンタクトして過ごしてる私から見て二人の「目力」は本物でした。どん底を味わった二人のお話はとても興味深く、同じくBSE、口蹄疫・・・とどん底を味わった僕にはとてもたくさん響くものがありました。「自分への約束」そして「変わらないために変わり続ける」ことを肝に銘じた日でもありました。
実は僕と一風堂の河原成美社長とは12月18日と同じ誕生日なんですよ♪♪人生初の誕生日が同じ人との出逢いでもありました。そんな事もあり、テンション上がりまくり↑↑↑また福井でラーメン屋を始めた親友がお世話になってたこと、新たに農業ビジネスを展開されることなどシンクロすることが多く、「今年中には梶岡牧場にお伺いします」とありがたい言葉。。。縁を感じた一日でした。
DSC_0022480


2010年04月11日

こうして支えてくれる友人

全国放送が決まり、そのことを友人たちが告知してくれてます。
こうして支えてくれる人たちがいるホントにつながりの大切さを痛感してます。

「かっこ良くて・感動があり・稼げる」3K産業として、農業が魅力的な産業であることを訴える、湘南で「みやじ豚」を生産してる宮治勇輔くん。
彼とは共鳴する部分が多々あり、多才なところは感心させられっぱなしです。農家のこせがれネットワークを組織したり、本を出版したり。
同じ生産者として学ぶことがたくさんあります。

大学時代からの友人で、今は子供服のネットショップを運営している彼女もブログで告知してくれてます。自分の子供たちに着せたいリーズナブルな洋服を、母親だから目線からセレクトしてるんよね。
あっそうじゃ、俺も子供たちの服買ってやらんとなぁ〜。

食事処で迷ったときは真っ先に「松ちゃん、○○周辺で美味いところな〜い?」と僕の突然の電話にも親切丁寧で詳細なデータ・インプレッションも付けてメールで返してくれる、まるでコンシェルジュな彼。さすが、山口県をデザインする!IT戦略家、モトクロス代表取締役 松永秀夫やな〜といつも感心させられます。彼のとろ〜り濃密なブログは山口県人でなくとも必見たまに「梶くんブログ更新せんとね〜?」とジャブをくれる彼のブログ情報量は僕の10,000倍!?

みんなありがとう

samurai__cowboy at 13:43|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)友人 

2010年04月07日

4/11 日本テレビ「NNNドキュメント」に登場!!

サムライカウボーイが全国の皆さんの前に登場することなりました!!

きたる4月11日(日)25:20〜 日本テレビ「NNNドキュメント」
こちらで予告動画も配信されてます↓
http://www.ntv.co.jp/document/
http://www.dai2ntv.jp/player/index.html?corner_id=000001167z

ナレーターはなんと!!山本太郎さんがしてくれる事になりました!!
聞いたときは正直うれしかった!
熱い気持ちで心揺さぶられるような語り口に、
なんか俺と同じにおいのする人だな〜って感じてたから。。。
海と山の違いはあれど、サーフィンが大好きってのもあるんかなぁ?
もっとも、俺はスノーサーフィンだけどね。

兎に角、俺がこうして登場できるのは、
何度も折れそうになった時、支えてくれた家族、、、友人、、、
そして今まで応援してくださった皆さんがいてくれたからこそです!
ありがとう!心より感謝、感謝。そしてみなさんのおかげです。
そして今以上に頑張らねばと気が引き締まる思いです。

「俺の生き様」をご覧頂けたら幸甚です。。。

2009年05月16日

元ローソン社長 都築冨士男さん来場!!

2月の講演会でお世話になった都築さん、その後、もう一度別の講演会で再開を果たしておりました。(ですが、興奮のあまり写真取り忘れてました(^^ゞ)
そのとき「今度、牧場の方にもお伺いしますね。」とおっしゃってたのですが、大概は社交辞令的なものなのでと思っていたのですが・・・違いました。本当にいらして下さったのです!やはり、大企業で長年トップを務めてらした方は違いますね(汗)
昨日、牧場での作業中、僕の携帯電話にホットライン。
「都築です」と。。。業者の人かな〜、だけど初めての人だな〜と思っていたのですが、
「講演会でお世話になりました都築です」と思わず「あっ!」と発声してしまいました。
「会社の方に電話したら梶岡くんの携帯番号伝えられたので」と。恐縮です。
「明日、レストランの方に伺いたいのですが、いらっしゃいます?」即答で「おります!」

そして再々会です!牧場の方にも案内し、牧場のこと、経営のこと、またまたたくさんのお話をしました。
本当に充実した時間を過ごしました。そして応援して下さっている事を実感した一日でした。
期待に応えねば!!明日からの仕事の糧にします!

SN3D0158
牧場にて


SN3D0159
左:都築さん 中:サムライ・カウボーイ 右:父

なぜ俺が真ん中!?



2009年02月06日

元ローソン社長、都築冨士男さんと出逢う。

山口県4Hクラブで講演会を開催しました。
講師はなんと、、、倒産寸前の状態から再建し、今のローソンの礎を築かれた都築冨士男さん。
現在も(株)都築経営研究所 代表取締役として第一線でご活躍されており、パワー漲っておりました!
ダイエー中内社長とのエピソードに始まり、あの大ヒットロングセラー商品「からあげくん」を世に出されたときの商品開発のお話、そして都築さんの組織論など、本当に盛りだくさんであっという間に時間が過ぎました。
いろんなお話の中でも、「生産者(農家)は<取り引き>でなく、<取り組み>をする事が大事。」という言葉に大変感銘を受け、僕の心に深く刻まれました!今後の経営にぜひとも反映させていきただきます。

その後の懇親会にも出席いただき、たくさんのお話をさせていただきました。
またお会いしてお話ししたい、そんなお方でした!

SN3D0017


2008年03月10日

新畜舎そして秘密兵器。

畜舎外観


いよいよ動き始める畜舎の外観です。



畜舎内部


そして内部はこんな感じ、歩いているのは社長です



給餌ロボット写真


そして秘密兵器 給餌ロボットの登場!!!




肉用牛ではまだまだ珍しい給餌ロボット。
外国産が多い中、メイド・イン・ジャパンにこだわり、
オカド・ハザック製をビルトイン!
国内初、事務所から無線でプログラムコントロールができる仕様。
そして100g単位の緻密な給餌コントロール。等々オーダーメイドのような設計に親身になって作成してくれたオカド・ハザックに感謝。
サムライカウボーイの強力な武器になることだろう


samurai__cowboy at 21:21|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2008年03月06日

いよいよ新畜舎竣工!

47e19e13.jpgたくさんの方々に集まっていただき、いよいよ新畜舎の竣工です!
ホントにいろんな方へ感謝、感謝。
長かったあ〜っ!ようであっという間の出来事のよう。
竣工祭も滞りなく進み、地区の方々も参加してのもちまき。
童心に返ってスーツ姿の大人たちも我先にと子供たちを押しのけお餅をゲット!!
そのあとの竣工記念パーティーでの挨拶ではいろいろな思い出が頭の中を駆けめぐり、
熱い思いがこみ上げてきてガッツリ男泣きをしてしまった。
計画・準備・実行 問題が次々に現れ、それを一つ一つ潰していく。
ホントに長かったし、ホントにきつかった
親父の偉大さにも痛感させられた4年間だった。
竣工をこの日にしたのも、親父の誕生日、しかも還暦だったから。
牧場の歴史のターニングポイントになるだろう。

ただ一つ残念なのは、大吉じいちゃんに竣工を見せられなかったこと。
工事期間中の写真を撮って病室に持って行ったりもした。
誰よりも完成を楽しみにしていた。
きっとどこからかみていてくれている
「これで終わりでないぞ、これからが大変なんだぞ」と。。。
気を引き締めて3代目として、
そしてサムライカウボーイとして兜の緒を締め直す日となった。

samurai__cowboy at 23:23|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2008年02月19日

なんでこういう事が起こるの!?

なんでこういう事が起こんだろうか!(怒)
「米で牛肉6万5000トン回収 過去最大、へたり牛処理か」
現実はこういう状態なのに国や商社は平気で輸入再開し輸入を続けるのは何の為か?
いい加減にして欲しい!!!!!!!!!!!
アメリカのカウボーイに失望やね
自分の仕事にプライドもてよ!

samurai__cowboy at 00:38|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛肉 

2008年01月23日

畜舎の鉄骨2

21ad420b.jpgまたまた久しぶりの更新(^^ゞ
これはけっこう前の写真になるのですが、畜舎のメインの鉄骨が立ち上がった状態です。
今は土間も仕上がり、飼槽も半分出来上がりました。
あと堆肥プラントと堆肥貯蔵庫もできちゃってます(^.^)
写真は又後日アップしますね。
いよいよという感じになってきました!!武者震いかと思いきや、
実は先日から風邪をひいてしまって、ホントに身体が震えちゃってました(*_*)
まだちょっとグジュッてます(--;)
それでもカウボーイ(牛飼い)は身体を休められるはずもなく、
朝晩のエサやりはもちろん、牧場の作業も通常通りやらなければならない。
こんな時、つくづく自分の代わりに仕事をこなしてくれる人間が欲しくなる。
コピーロボット欲すぃ〜っ!!
この畜舎が完成すると牧場も牛が500頭近くになるので、
誰か俺の右腕になるような奴いね〜かなぁ?
我こそは!!と思う人、まじめに連絡されたし↓
farm@firehill.com
サムライ・カウボーイのプライドを一から叩き込むよ!!

samurai__cowboy at 00:54|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2007年10月24日

畜舎工事はじまる、そして匠の仕事!!

久しぶりの更新です(^^ゞ
何回も覗いてくれてた方すみませんm(__)m

いよいよ(やっとかな!?)先週から畜舎工事がスタートしました。
写真アップしますね。
畜舎基礎工事画像
まずは何でも基礎が大事ということで基礎工事から。
正直こんなすごいことになるとは思ってなかった(*_*)
僕自身、現場第一主義なのですが、
工事現場の作業をされてる職人さん達をみていると
あらためて感心させられることばかり。
正確性を要する気の遠くなるような作業を黙々とこなす。
僕も畜舎の改造で鉄筋を組む作業(難しいんだよね(;_;))をやったことがあるので、
その大変さは少しは認識してるつもり。。。
「すげぇな」と見入ってしまい、自分の仕事の手が止まることしばしば。
やはり自分が少しでもやってみてないとその仕事の凄さに気づかないまま
やり過ごしていたのかなぁと思ってしまった。
それだけではない、今日も午前中から1時過ぎまで工事の週例会議に参加したが、
建築士、現場管理者、複雑にリンクするすべての状況を把握しながら
スムーズに工事が進むよう工程を組み立てていき、問題が起こったら解決方法を見つけ実行計画に乗せていく。これもまさに匠の仕事だ。
こうやって違う世界に触れてみて、もう一度自分の仕事を違う立ち位置から見てみると、「この手法は畜産分野にも使えるな」とか新たな発見が生まれてくるし、
負けてはいられない、と自分を奮い立たせる材料にもなる。
これから約5ヵ月間、僕にとってワクワク楽しい異文化コミニュケーション。
完成する頃には成長できてるかなぁ〜。いや、必ず成長してやる!!

samurai__cowboy at 00:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い 

2007年04月11日

シンクロニシティ!尊敬するプロフェッサーといいものプロジェクト

きょうは良品工房”いいものプロジェクト”白田典子さん
山口いいものプロジェクト講演会に参加しました。
商品実食後の生活者のリアルな声、ストレートな感想、
「善し悪しではなく、買うか買わないかの評価」うなずくことばかり。。。
その中で、食べたときのシチュエーション(誰と食べるか、どこで食べるか)によって感じ方、評価は変わってくるという話があった。

ふと15年前の今頃(4月)を思い出した。

大学の新しい講義の第一回目、「今まで食べた中で一番美味しかったものは?」
「それは誰と、いつ、どこで食べたもの?その時の気分、体調は?つまりその時のシチュエーションはどうでしたか?」
と聞いた教授のことを思い出した。
偶然にも、その教授が同じ会場に来られていた。まさにシンクロニシティ!!!!
なぜかこんなことが最近多い
その教授、和仁皓明氏は食に対する造詣の深さはブラックホール並み
僕に「食に対するフラットなものさし」を伝授して下さった方だ。
牧場・レストランにもふら〜〜っと遊びに来てくれるが、
なにげに超有名人をつれだってたりするから、ある意味怖いが、
そんな時でも食と農について僕なりのプライドを持っているので、ナチュラルな気持ちで心底楽しくお話しさせていただいてる。
そんな教授も、僕が育てた黒毛和牛肉の隠れファン(たぶん(^^ゞ)でもある。
残念ながら、今は出荷はないと伝えると、出荷が始まったら連絡下さいと早速予約いただいた。ありがたい。
と同時に明日からの飼育に力を入れねば、最高の作品に仕上げなければ、と気合いが入る。
自分の育てた黒毛和牛肉を待っていてくれている人がいる、ファンがいる、
この人たちに届けたい気持ち。。。
そのいい関係が大事なんだなということをつくづく感じた1日だった。

samurai__cowboy at 00:22|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛肉 | 牛肉

2007年04月08日

Beautiful!牧場SAKURA!

7edabe0f.JPG
e34eec67.JPG
梶岡牧場のさくらが満開です!
牧草地の整備をしていたのですがあまりにもBeautifulだったので写真とってみました(^.^)
写真手前の牧草地も、もうすぐ一面「緑のじゅうたん」となることでしょう(^_-)
おっと、さぼってたら間に合わんことなるんでこの辺で(^_^;)
サムライ桜と緑のじゅうたん見に来てみ〜ね!


samurai__cowboy at 12:53|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2007年03月22日

ほっとタイム。。。そして山口の牛飼いたち

昨日、幼なじみがレストランに家族を連れて食事に来てくれた。
久しぶりに会った彼はすっかりお父さんたくさんいろんな話をした。
充実しすぎて忙殺されそうな毎日に、ほっとする時間をくれた友に感謝
時、同じくして先月の牛肉ティスティングに参加された方も食事に来店してくださり、
なんか心洗われる、うれしい日となった。感謝感謝である。


今日、山口県の若手肉用牛経営者の交流会があった。
今まで山口県内の牛飼いたちと話をすることは少なかったがいい機会を与えてもらった。
「色々な考え方があるな」と大変勉強になったし、何よりみんな牛が好きみたい。
でもやっぱり血統のことはわかんね〜
みんなガンバッてんな〜と感心
とにかく俺は、食べた人が思わず喜ぶ、美味しい肉をつくることで負けないように頑張ろうと刺激を受けた。
この模様は県の広報があり次第、後日リンクしますね。


samurai__cowboy at 23:24|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛飼い