2015年02月

2015年02月22日

FM山口『ザ・ムーブマン』に出演!!

『25分間で貴方の人生が変わる...かも』(^^ゞ
先日、エフエム山口に収録に行って来ました!
ヤスベエさんがパーソナリティされてる『ザ・ムーブマン』
放送回数500回を超えるモンスター番組です(@_@)
15883_741403582621611_7111818529486656741_n

実はヤスベエさんとは私が高校生の時からのお付き合いなんです(^^ゞ
前回、出演させて頂いたのが、ちょうど10年前...ムーブマン16でした(アイドルではありません(-_-;))
収録はといいますと、緊張もなく、楽しく会話って感じでスタートしたのですが、
この10年間のいろいろな『想い』が込み上げてきちゃって...(T_T)
危うく『放送事故』が起こるとこでした(>_<)
おかげで大事なことを喋るの忘れたぁ〜!!!(笑)
その様子はぜひ、放送をお聞き下さい!!
ローカル放送ですが、今は便利な『LISMO WAVE』や『ドコデモFM』で全国どこでも聞くことが出来ます。
↓↓↓
FM山口『ザ・ムーブマン』 今週末、ゾロ目の2月22日(日)18:30〜 放送です!!

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)友人 

2015年02月16日

瀬戸田レモンへの堆肥『ヒューマス』初出荷!!

今日は、午後から瀬戸田のレモン農家『菅 秀和(Hidekazu Kan)』さんの所へ送り出す堆肥『ヒューマス』と『腐植水』の積み込みでした。
トラックの積載ギリギリの満積載で、今日も筋トレ、900回!私の腕もパンパンです(笑)
10981436_739559789472657_5063130770659307993_n

過日、菅さんに送って頂いたレモン。今まで味わったことのない、香り高く深い味わいのレモンでした。でも不思議なことに包丁入れるまでは、その強い香りも内に秘められてるんですよね...ここに何か秘密があるのか...。
10993473_739559819472654_3496826639879808216_n

そんな菅さん、昨年、二度も梶岡牧場までわざわざご来場下さったのですが、初来場の日、うちの堆肥づくりの現場を見られて、即御予約いただきました。
今年から梶岡牧場の堆肥『ヒューマス』をレモン畑に使って下さいます。
10517468_739559876139315_305069760326849013_n
10527402_739559906139312_961971162018218041_n

どう変わっていくのか、私自身もすごく楽しみであります。
菅さんの理想のレモンに近づけるよう、全力でお手伝いさせて頂きます!!

samurai__cowboy at 08:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)堆肥 | 腐植水

2015年02月15日

恩師『和仁皓明』と『さの萬』熟成肉との会話

日本の熟成肉の重鎮『さの萬』の熟成肉。
大学時代の恩師『和仁皓明』先生が熟成肉の勉強にご招待下さりました。
私を弟子と可愛がって下さる和仁先生は言わずと知れた世界的なチーズの権威、もう20数年のお付き合いになります。
今回、先生がお取り寄せされた熟成肉を持ち込んでの食事会、いや勉強会でした(^^ゞ
アメリカから帰省中の先生の娘さん、そして下関の寿司・割烹『浪花』の大将夫妻・ご子息と同席させて頂き、下関の『タヴェルナ・ペペリーノ』で。
白菜のポタージュ、ぼやけがちな白菜の香りがギュッと凝縮してあり、一皿目からパンチ(笑)
10993448_739523442809625_5480682267875283630_n

パテも秀逸、河豚の白子のパスタは初めての味わいでした。
10978552_739523482809621_5371356617750987023_n

10978664_739523516142951_3829365553830607882_n

さて本題の熟成肉なのですが、さすが日本の熟成肉のパイオニア『さの萬』さんのものという感じ。
肉に内包された肉汁ではなくエキス...噛み進めると口中に広がる旨味と熟成香は何とも言えませんでした。
10987671_739523416142961_4647305464583273910_n

チーズも牛肉も同じタンパク質、私は『熟成』というよりは『発酵』に近いイメージを持っており、それはもちろん和仁先生も全く同じセンスでして...久し振りに深く語り合った夜でした。
御馳走様でした、合掌。

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牛肉 | 友人

2015年02月12日

農家の武器『Farmnote(ファームノート)』という畜産クラウド

私がアンバサダーをしてる『Farmnote』の小林社長を北海道から招いて、農家と関係機関の方々への説明会をしました。

この『Farmnote』は『牧場を手のひらに』のコンセプトのもと、肉用牛、乳用牛を問わず、すべての畜産形態の牛に対応する画期的な個体管理はもちろん、経営管理までをカバーするクラウドサービスとしてリリースされました。
http://farmnote.jp/features/index.html

10982619_738304872931482_6021956146142732086_n

本来は小林社長と打合せ来場予定のみ…だったのですが、せっかく山口まで来られるなら、打合せだけではモッタイナイ!梶岡牧場に隣接する、山口県の畜産試験場の職員の方々向けに説明会をしよう!と提案、県内の農家の方々にも声を掛け、緊急開催!!(^^ゞ
直前の告知にも関わらず、皆さん興味持って、お集り下さいました。
10451908_738304869598149_8726649085521247258_n

農家の方々はもちろん、県職員の方々も、かぶりつきで興味を示して下さり、実際に牧場現場で使える、そして問題発見の強力なツールとしての可能性を感じて頂けたことと思います。
そしてその『Farmnote』の可能性に共感し、場所提供と各部署への告知までして下さった山口県畜産試験場、福島場長に深謝です!

終了後、打ち合わせしたダイニング『&吉祥』で出てきた『バーニャカウダの植木鉢』...『土』に関わってる我々としては心躍りましたし、野菜たちにとっても、いいデザインと心憎い演出だと思いました。
10953405_738304956264807_1455009769875736758_n

さて、そもそも、なぜ私がアンバサダーをしてるかって??『Farmnote』が素晴らしいのはもちろんですが…小林社長が『魂』を込め開発してる『血が通ったシステム』だからなんです。
10991379_738304912931478_8647135543077355509_n


そして一番は、牧場でいつも私の傍で腕組んで寄り添ってくれる『聡明な美人秘書』を手に入れた感じで...毎日がムフフなんですよね( ´艸`)
日本の畜産にイノベーションを!!!
って…私、説得力ありませんね...。
ああぁ(-_-;)(笑)

samurai__cowboy at 15:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 牛飼い

2015年02月10日

『モノを創る』ってこと。

『モノを創る』ってこと、そして『シコリが取れる』ってこと。
この堆肥プラントの機械、実は導入当初からトラブル続きでした。
その上、代理店の対応や、メーカーの対応が余りにもお粗末で…この数年間、押し問答みたいなやり取り…。挙げ句には、自前修理でダマしダマしのプラント稼働と、連日続いた夜中のプラントの子守(笑)
10981201_736549293107040_4584942100135496224_n

トラブル無く動いてくれてれば『素晴らしい堆肥をつくる武器になってくれる』のに…。
そんな状態に終止符を打つべく、数年間積み重ねられた、怒り心頭の気持ちをかなり抑え込み、メーカーと一緒に丸一日、つきっきりで一緒に修理しました。
10959489_736966173065352_2839071910232460274_n

そして、その合間には代理店も呼んで三者でテーブル着いて、腹割って話もしました。
珈琲を持ってきてくれたお袋が、私の物言いにビックリするくらい…の内容でした。
畜産関係のプラントは365日休まず稼働させなければならないこと、そしてメーカーよりも、その機械に向き合う時間が長く、この子のクセを見抜いてること…『モノを作る』んじゃない『モノを創る』んだというニュアンスの話には最後はメーカーの社長も目頭熱くして理解してくれました。
私が堆肥づくりに掛ける信念やプライドは、メーカーが機械づくりに掛けるそれと同じ。少しのシコリがほっとけば大きくなる…。 そして、メーカーのプライドだけじゃなく、真剣勝負している我々ユーザーの使用感もキッチリ昇華させれば、より磨かれたプラントになると思うから、私も厳しいことを言うのです。
そのシコリが取れると「不思議と機械も『おりこうさん』になってくれるね」とメーカーの社長と笑いながら…試運転しましたとさ(^^ゞ
10649916_736549249773711_8954126500797476597_n
10174777_736549263107043_923303601092432422_n


samurai__cowboy at 00:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)牧場 | 堆肥