2006年08月08日

さぁ来い!!

いよいよアメリカ産牛肉の第一便が到着。
プライドの乗っかった牛肉、プライドのない牛肉。
みなさん、どちら食べます?


僕は、友人たちにこう聞かれることが多い。
実は今日も聞かれた。
「2年間育てた牛を出荷する時、悲しくない?寂しくない?」
悲しくないといったら嘘になる。
うちの牧場に来た牛たちは生まれたときから、牛肉になることを運命づけられている。
そのこと自体が悲しいことなのかもしれない。
「同じ牛肉になるなら、美味しいねと素晴らしい笑顔で食べてもらえる牛に育てること。」
コレが僕のプライドであり、つらく厳しいこの仕事を続けていく支えでもある。

確かに出荷のトラックを見送るとき、ぐっとくる。。。
でも、あいつらにとっては晴れ舞台への門出と思うからこそぐっとくる。
それはあんたのエゴと言われるかもしれない。
美味しいと心から思っていただけること。
それは牛たちにとってもサムライカウボーイにとってもこの上ない幸せと思っている。

うまく表現できないですが、プライドの乗っかった牛肉、食べてください!!

samurai__cowboy at 01:10│Comments(0)TrackBack(0)

トラックバックURL

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔