2011年11月26日

見捨てられた預託農家


 安愚楽牧場が民事再生(清算型)から破産手続きに至る間、預託農家優先に牛の売却を進めるという報道がなされましたが、現実はまるで違っていました。
 うちを含め、いくつかの預託農家は早い段階から買取の意向を示しているにもかかわらず、代理人・管財人は何の相談もなく大手食肉業者に販売していったのです。預託農家の知らないところで取引され、いつの間にか牛は転売されてしまっていたのです。。。
 
 さかのぼると、8月頃から牛の出荷が日々続きました。それは、適齢期に満たない牛が早期出荷され、牛肉として換金されるということです。牛飼いとしては、適正な月齢で出荷するのは達成感で満たされ、胸を張って送り出せるのですが、早期に出荷されるのは牛に対して本当に申し訳なく、忍びない思いがしてなりませんでした。民事再生に入ってからも、その動きは加速化され、6ヶ月以上もの早期出荷がされるようになりました。若い牛(肉)が食肉流通に出回ることにより、肉の相場が下がり他の畜産農家にも多大な被害が及ぶのです。このままでは日本の畜産の崩壊も避けられないのです。
 どうにか阻止できないものかと弁護士に相談し、商事留置権を行使することにより一時的に若齢出荷を止めることが出来ました。それも束の間の出来事です。今度は食肉業者に牛たちの販売が始まったのです。
 安愚楽牧場から食肉業者に権利が移り、契約をしなおさなければならないのですが、食肉業者が提示する預託というのは、これまでの「預託契約」とは大きく異なっているのです。食肉として換金されるまでの半年〜1年の「一時預り契約」だったのです。つまり、現在牧場にいる牛たちが出荷されてしまえば終わる。。。
 私たち農家が継続性のある正規の「預託契約」であれば納得できるのですが、「一時預かり契約」だと、約1年〜1年半後には牛飼いとして存続できなくなるというわけです。その場しのぎでも、その道を選択せざるを得ない預託農家が殆どなのも現実です。
 その間にも牛の出荷は徐々に行われ、飼養頭数は減っていく。。。新たな仔牛の導入もなく、預託農家はまさに真綿で首を絞めるらるような壮絶な苦しみとともに畜産経営の終焉を迎えなければならないのです。
 
cap006

 そこで、こんな惨めな想いはしたくない僕たちは、梶岡牧場で牛を買い取る事を決断しました。資金手当てをし、買い取り交渉に入りました。
 ですが、九州地方の預託農家の牛は一括して大手の食肉業者に売却され、買い取りが出来ない状態になっているのです。
 報道では、預託農家優先で売却をすすめていると有利な方向へ進んでいるように見えますが、現実には真逆でこのような状況、見捨てられた感が否めないのです。
このことは梶岡牧場の代理人でもあり、安愚楽牧場預託農家弁護団 柿内弘一郎 弁護士の情熱あふれるブログでも書かれてます。


こんな状況では「そっと命を捧げてくれる牛たち」に本当に申し訳ない。。。
そして「美味しい笑顔の食卓という最高の舞台」に自分の手から送り出してやれない悔しさばかりが。。。

サムライ・カウボーイが本当の「サムライ魂」を見せなければならない時が来たようです。。。
まさに今、武者震いがしてます!!



samurai__cowboy at 12:30│Comments(18)TrackBack(0)牛飼い | 牛肉

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 牛好き   2011年11月27日 02:33
安愚楽牧場が黒毛和牛の登録をしていなかった事はご存知でしたか?
買取の価格が低いのもここがネックになっているようですが…
ブログ主さまはオーナーの気持ち、消費者の気持ちを本当に思って下さっていましたか?
胸をはって黒毛和牛を育てていると言えますか?

現場の預託農家さんにしかわからない事、世間が知らされていなかった事たくさんありませんか?
2. Posted by samurai__cowboy   2011年11月27日 09:16
牛好きさんコメントありがとうございます。
 いくつか確認をしておきたいので、あえて書かせて頂きますね。決して安愚楽牧場を擁護するためのものではありませんので、その辺は認識しておいてください。
 黒毛和牛としての登記はしてないのではなくて、あるものとないものがあったのは確かです。ですが、それは仔牛市場で売るために必要なものであって、実際は個体識別システムで管理されてますし、食肉の流通段階では必要に応じてDNA鑑定もされます。黒毛和牛でなかった場合は本当に大問題になりますから...
 「買取の価格が低い・・・」とありますが、実際、うちの牛たちに関しては決して買い取りの価格は低いという事はありませんでしたよ。(産地の評価格差はありますが)それぞれの預託農家の管理技術の違いではないでしょうか?エサと飼育マニュアルは統一されてても、飼育環境は100%預託農家に依存しますから...牛は環境6割だと僕は考えてます。
つづく
3. Posted by samurai__cowboy   2011年11月27日 09:17
つづき
うちの牧場は肥育牛でしたのでオーナーさんの牛ではないですがオーナーさんも消費者(以下、生活者)でありますので、僕にとっては生活者の方で一緒です。

>消費者の気持ちを本当に思ってくださってますか?胸を張って黒毛和牛を育てていると言えますか?

 このコメントは僕にとって正直、聞き捨てなりませんよ!(大人げなくてスミマセンが...)

 僕のことを少しでも知って頂けてる方は、一番僕に対して言えない言葉だと認識されてると思いますので...。
 あまりご存知ではないようなので、あえて説明させていただきます。(このブログをご覧の皆さんにもお知らせいておきたいので(^^))

 僕のブログを読んで頂ければわかると思うのですが、うちはレストランも経営しております。
 そこで実際に生活者の方が口にされるところを目の当たりにし「美味しいね」って言って下さる一番近いところに身を置いているんです。お恥ずかしいことに時にはお叱りを受けることも正直あります。ダイレクトな反応があるレストランは緊張感ある現場であると共に、牛たちにとっての「晴れ舞台」でもあるんです。

 僕の仕事は365日休みなく続きます。
 「そっと命を捧げてくれる牛たちを、美味しい笑顔という拍手喝采の最高の舞台へ送り出してやる」それが僕の仕事なんです!
 情熱とプライドをもって黒毛和牛を育てています!!
 だから頑張れるんです!!それがなかったら...こんな辛い仕事、とっくにやめてますよ!!

 同じひとつの命を僕たちが奪ってしまうのなら、「美味しい!」と喜ばれる「いのちのつなぎ方」をしたいじゃないですか...

 安愚楽牧場の預託農家としては、僕は異端児だったと思います。ご無礼がありましたらお許しください、僕の真っ直ぐな気持ちを綴らせて頂きました。
4. Posted by オーナーの一人   2011年11月27日 16:36
はじめまして、オーナーの一人です。
質問させて頂きたく、コメント致します。

代理人、管財人はなぜ、牛を預託農家優先ではなく、大手食肉業者へ販売したのでしょうか?
そうするに値する相応の理由があるのでしょうか?
ご回答いただけましたら幸いです。

「真綿で首を絞められる壮絶な苦しみ」お察し致しますが、我々オーナーも「一夜にして寝首をかかれ、地獄に突き落とされた苦しみ」を味わう毎日です。
5. Posted by 牛好き   2011年11月27日 23:26
黒毛和牛としての登記はしてないのではなくて、あるものとないものがあったのは確かです。

とのご返答ですがなぜないものがあったのでしょうか?
また比率はどのくらい登録していない牛がいたのでしょうか?
ブログ主さまは登録はとくに必要ないと思われますか?

オーナーはきちんと登録してある黒毛和牛であると思わされていました。
またそのブランドの名前の価値だけ利用したと思われても仕方ないのではないでしょうか?

「情熱とプライドをもって黒毛和牛を育てています!!」

登録などなくても丹精に育てれば良いのだというお考えですか?登録されていない牛でも黒毛和牛って認められるものなんですか?
6. Posted by samurai__cowboy   2011年11月28日 00:22
オーナーの一人さん
コメントありがとうございます。

>代理人、管財人はなぜ、牛を預託農家優先ではなく、大手食肉業者へ販売したのでしょうか?
>そうするに値する相応の理由があるのでしょうか?

そうなんです!それが不透明なので困ってるんですね。
預託農家は数が少なく、しかも声を上げられる農家は極めて限られてます。オーナーの皆さんの声が必要なんです。


「一夜にして寝首をかかれ、地獄に突き落とされた苦しみ」もお察し致します。
7. Posted by オーナーの2人目   2011年11月28日 01:45
素朴な質問なのですが、私達オーナーははっきりと「騙された」わけですが、預託農家の方っ安愚楽牧場へ対してどう思っているのですか?「いい取引先だった?」ですか?借金返済するための「手段」ですか?

>代理人、管財人はなぜ、牛を預託農家優先ではなく、大手食肉業者へ販売したのでしょうか?
>そうするに値する相応の理由があるのでしょうか?

理由は、はっきりしているのではないでしょうか?それは預託農家の事を考える必要がないからでは?管財人は私達オーナーの為へ少しでも弁済できるように動いているのでは?
私は預託農家は同罪だと思っています。
私達オーナーは高配当をエサに詐欺会社と
ご自分では経営が成り立たない「預託農家」へ利用されたのだと考えます。ご自分達の言い分ばかりを主張されるのは興ざめです。





8. Posted by samurai__cowboy   2011年11月28日 02:03
牛好きさん
すみません、ひとつ再度、確認しますね。

繁殖牛と肥育牛を混同されてませんでしょうか?
預託農家にも繁殖農家と肥育農家がいます。
うちで飼育している牛は肥育牛です。オーナーさんの牛は繁殖牛です。

それとBSE発生以降、現在の日本では国内で飼養されている全ての牛に関して家畜個体識別システムに登録され親子関係や品種の特定、生年月日、性別が管理されてます、黒毛和種として。
虚偽の報告があると法的罰則もありますし、抜き打ちでDNA鑑定もしますからね。
9. Posted by 牛好き   2011年11月28日 03:31
繁殖牛と肥育牛の違いはわかります。
ただブログ主さまは安愚楽の預託農家さんですよね?
安愚楽の牛には違いないのではないですか?
安愚楽は一貫生産が売りですよね。
ブログ主さまで預かっていた牛はどこから来たのでしょうか…。

全国和牛登録協会による黒毛和種としての登記がない牛(何割いるか知りませんが)と知っていらしたごご様子ですがここは重要ではないでしょうか?

あるサイトでも「安愚楽牧場で繁殖・肥育している牛は、松阪、神戸、米沢などの有名なブランド牛と同じ黒毛和牛です。
日本全国に広がる直営牧場にて繁殖から育成、肥育まですべて行う「一貫生産体制」をとっています。」
とあります。
登録がなければ同じではないですよね?
登録されていない牛ってブログ主さま的には大きな問題ではないのですか?
10. Posted by samurai__cowboy   2011年11月28日 10:42
オーナーの2人目さん 

>私は預託農家は同罪だと思っています。

これは我々預託農家にとって一番寂しい言葉ですね...
少なくとも僕は一生懸命、牛を育ててきましたから...

オーナーの弁護団が出来たように、預託農家弁護団が出来たことが全てを証明してくれていると思います。

寂しくなるんで、もうこれ以上は語りたくないです。
11. Posted by オーナー2人目   2011年11月29日 00:54
>うちで飼育している牛は肥育牛です。オーナーさんの牛は繁殖牛です。

どちらでも同じでしょう。あの牧場と関わりを持っているならば私達オーナーにとって詐欺システムの一部だとしか思えませんから。

預託農家弁護団が出来た事が何を証明してくれているのでしょうか??

私達オーナーは出資金を回収したい気持ちとこの詐欺事件を全面解明及び加担した全ての関係者のブタ箱入りを希望する気持ちで弁護団に入りましたが、預託農家は所詮未払金の回収の為に立ち上がっただけの事ではないのですか?

それとも、あなた方預託農家も私達同様今まで騙されていたとでも言うのですか?

この事件は「牛を一生懸命育てていた」からどうだというそういうレベルの問題ではありません。7万人もの人達から4000億もの
巨額のお金を騙し取った詐欺事件です。
未だにその資金の流れは明らかにされていません。「牛」はその対象商品として扱われていただけです。「日本の畜産業を支える」という大義名分のもとにです。私達はその言葉に騙されたのです。

これが本当に「日本の畜産業を支えていた」という事実、実態であれば少しは私達オーナーの気持ちも救われていたかもしれません。
しかし、蓋を開けてみたらそうではなかった。そういう事です。
12. Posted by 牛好き   2011年11月29日 06:04
こんにちは、もうお答えいただけませんか?

私は安愚楽に母と何百万もの大切なお金を安愚楽に預けていました。
今はどうしてもっとよく考えなかったのか悔やまれます。
でも安愚楽は嘘もたくさんついてきましたよね。
預託農家さんにしかわからない事があると思います。

私たち家族が預けたお金はうちの父が首吊り自殺をして作ってくれた保険金でした。
父の想いを台無しにしてしまって申し訳ないです。

でも安愚楽の社員は解約を申し出たオーナーにもう無理なんですよーと笑いながら答えたとか。

もう人間ではないですよ。社長なんかはオーナーは金だと思えと言っていたとか。

サムライさんは現場で一生懸命牛を育ててくださったんですよね。私たちオーナーは信頼していましたよ。あなたたちを…

何か秘密があるならお願いです。
告発してください。
お待ちしています。
13. Posted by samurai__cowboy   2011年11月29日 11:07
オーナーです。さん
ありがたい、そして熱いメッセージありがとうございます。魂が震えました!!
是非ともコメント公開させてください、いけませんか?
コメントで是非ともお返事したい事柄があるんです!
よろしければメールくださいm(_ _)m
14. Posted by samurai__cowboy   2011年11月29日 11:58
牛好き さん

ここは喧嘩する場では無いですし...また素朴な質問、心震えたり、共鳴できる質問にはキチンとお答えします(^^)
牛好きさんのコメント、魂が震えました。

ホントに辛い思いをされてる...僕が想像出来ないくらいの想いをされてるんでしょう...

もちろん状況が状況なんで、デリケートな部分もありますが、お答えできる範囲で、キチンとお伝えしていきます!!
これはもう信頼関係ですよね?僕は身を明かしてる、コメントされる方は身を明かされていない...無責任な発言には申し訳ないですがコメントしないことにします。

>サムライさんは現場で一生懸命牛を育ててくださったんですよね。私たちオーナーは信頼していましたよ。あなたたちを…

もちろんです!僕は牛たちのいのちを食べる人の笑顔に繋げていくために、情熱をプライドをもって牛たちを育ててます!!
寂しいことですが、食べてくれる人の顔が見えてない預託農家も沢山いたのは事実です。JA等の借金に追われ、逃げるように安愚楽にすがりついた預託農家はそうなってしまうのかも知れません...それは安愚楽の職員、食肉業者、飼料メーカーの職員も同じ。
想いをもって仕事する人、そうで無い人は仕事も全然違ってきますから。。。

ですから、安愚楽職員の対応も千差万別でした。それは仕方ないと僕は思いますが、人と人って気持ちひとつですからね。
「相手を思いやれる気持ちがあるか」どうか...少なくとも安愚楽牧場組織全体としてみると残念ながらそれが欠けてました。
15. Posted by オーナー3人目   2011年12月04日 17:29
私もオーナー被害者の一人です。
立場は違えど預託農家さんたちも被害者だと思いますよ。

預託農家さんが安愚楽とグルだとすれば、私たちが契約終了まで「全額前払い」している「えさ代や肥育料、飼育料」が、何故預託農家さんに支払われていないのでしょうか?
それは、預託農家さんたちも「安愚楽から利用されていた」という事に他ならないと思います。

詐欺行為を行うために必要な、「見せ牧場」として・・。

繁殖牛に関して言えば、消費者庁が調査して出した資料から、少なくとも2007年以降、実際には6割程度しか牛は居なかった事が判明しているのですから・・・。

実際、安愚楽牧場にとって牛の売り上げは問題ではなかったようです。
牧場部門は毎年赤字だったと言う情報も有るようですし・・・。
要はオーナーを騙して、右肩上がりに出資金を出させる事が出来れば、安愚楽はそれで良かったのです。
16. Posted by samurai__cowboy   2011年12月11日 17:38
オーナー3人目さん

コメントありがとうございます。
一日一頭いくらという預託契約ですので支払われないですね。

預託農家がもしグルであれば、預託農家弁護団には入りません。反旗を翻すことになるのですから。。。
もっとも、8月以降も安愚楽牧場は民事再生で復活する!と信じてやまない預託農家もいましたが。。。(-_-;)

どこに何頭いるかというのは、そりゃ〜消費者庁も農水省もBSE以降は詳細につかんでますよ。牛個体識別システムという、素晴らしい国家システムがあるのですから。。。一頭単位で詳細につかめてます。

オーナー数を把握してれば、整合性はとれてたと思いますよ。

残念ながら、うちのような肥育牛の預託農家はオーナー事業部と全くやり取りはなかったですから。

だだ、レストランにはオーナーの方々がたまにプライベートで食事にいらしてたので、うちの牧場の話、お肉の話はさせて頂いておりましたよ。
17. Posted by オーナー   2012年10月30日 08:22
牧場は結局どうなったのですか??
18. Posted by samurai__cowboy   2012年10月30日 09:02
根拠なく、心ない誹謗中傷が多々ありましたが、他の畜産業者と契約して継続して牧場をしております。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔