友人

2016年06月12日

いよいよ山口で封切り、映画『ふたりの桃源郷』を観ておもふ。

「これからも『地に足着いた人の生き様』を私は撮り続けます…」
噛み締めながら独特の優しい口調で語られた佐々木さん、いや、佐々木聰監督らしい舞台挨拶の言葉...。

私、思わず涙が頬を伝っていました。

 そして「映画構成では必須の、敢えて「起承転結」をつけないことで、100人いたら100人の捉え方、感じ方をしてもらえれば...」という佐々木監督の言葉通りの映画だと思います。

pos

昨日、地元山口で封切りされた映画『ふたりの桃源郷』の初上映&舞台挨拶に仕事の合間を縫って行かせて頂きました。

実はKRYの佐々木聰ディレクターとは8年前に初めて取材を受けてからのお付き合い。
私が、牧場はもちろん、命と命がぶつかり合う危険な牛の出荷作業にカメラを入れての密着取材を唯一許せたのは、初対面で『佐々木聰』という男に惚れてしまったからなんです。カメラの前では普通、少なからず誰しも緊張するのですが、不思議と佐々木さんのインタビューは、時には親友と語り会うような感じで、時にはズバッと核心を突かれ...でもどちらにしても素の自分でいられるんですよね。
20160612-214913

2008年2月が最初の取材で、それから今も密着取材は続いてます。
私、元々、感極まりやすい暑苦しい人間なのですが、カメラの前で何度泣かされたことか..(-_-;)もちろんカメラには映りませんが、実は佐々木さんも対面で一緒に涙流してくれてるんです。

 その惚れたということを、大きく大きく、さっ引いたとしても、この映画『二人の桃源郷』は素晴らしいの一言でした。
山口の公開初日、たぶん舞台挨拶があるだろうから、何を置いてでも必ず足を運ぼうと決めてました。

上映会場のYCAMでお一人様ランチでもして開演を待とうと、早めに到着したにも関わらず、すでに会場には長蛇の列(゚_゚;) 聞けば朝9時から行列ができはじめたという、とんでもない盛況ぶりで、私、危うく入場制限を受けるギリギリの行列位置でした。
牧場を出る前、佐々木さんに「今日はYCAMの上映&舞台挨拶に伺いますね!!最前列で見守ります(笑)(笑)」と冗談交じりでメッセージをしてたのですが...
映画館の席の埋まり方の特性上、中段から後方から埋まり始め、行列最後方の私に残されたのは...『最前列の席』だったというオチwww

さて、映画の私感、ちょっと長文になる事、お許し下さいm(_ _)m

 フー、フー、と肩で息しながらも、力強く斧を振り下ろし、薪割りする寅夫じいちゃんの姿に、私の亡き祖父、大吉じいさんの姿がドンッとオーバラップしてしまい...命をかけ戦地から生き延びて帰って来た戦争経験者の『覚悟と凄み』を先ずは感じました。また『農で生きる』という共通項もひしひしと感じながら...。
 何より寅夫さんとフサコさん、お二人の『山にいるときの眼』と『山を下りたときの眼』の違いがスクリーンを通して本当に鮮明に映し出されてたのが、私にとって衝撃的でした。
そして、上映中は、二人にそっと寄り添いながら、インタビューされてるであろう、佐々木聰監督の表情や姿がスクリーンの向こうに鮮明に浮かんでました。

 佐々木監督の舞台挨拶もあってか、何を語っていいか分からなくなるくらい、万感の想いが溢れてしまって、「書かずにおこう」と一時は思ってたのですが、いつか今の気持ちを思い出すときが必ず来るので、無理やりにでも切り取っておこうと思ったのですが...結局纏めきれてないことをお許し下さい。

 帰って牧場で仕事しながらも、色々と想いが巡ってたのですが、フッと私の尊敬する不良牧師、アーサー・ホーランド先生に教えて頂いた芸術評論家の小林秀雄さんの言葉が思い浮かんできて、、、
「優れた芸術作品は、必ず言うに言われぬ或ものを表現していて、これに対しては学問上の言語も、実生活上の言葉も為す処を知らず、僕らは止むなく口をつぐむのであるが、一方、この沈黙は空虚ではなく感動に満ちているから、何かを語ろうとする衝動を抑え難く、しかも、口を開けば嘘になるという意識を眠らせてはならない」
まさにこういうことだな...と。誤解を怖れずに言うと「これはドキュメントが昇華した、人の生き様の芸術作品なんだなぁ」、これが見る人の心を引きつけて止まない理由なのか...独りこの感覚が昨日一日頭を巡っており、覚醒されて、昨夜はなかなか眠れませんでした。

 そして、これは上映中に既に強く感じてたのですが、これまたアーサー先生に教えて頂いた『お釈迦様の四苦八苦の教え』が、この映画にはギュッと詰まってるなぁと。

生老病死、
『生きる』苦しみ...
『老いる』苦しみ...
『病む』苦しみ...
『死ぬ』苦しみ...

『求不得苦』...
『五蘊盛苦』...
『怨憎会苦』...
そして、
『愛別離苦』...。

この世に生きていく中で、避けては通れないこれらの苦しみと、どう向き合って生きていくのか、どう見つめていくのかを『二人の桃源郷』見終えて、本当に考えて込んでしまいました。
それは、決してネガティブな感じではなく、不思議と前向きになんですよね。

私はもちろん評論家ではありませんし、上手く伝えられないですが、、、
『佐々木聰』という人物に惚れた一人として、今度は家族と一緒にこの映画をもう一度、劇場で見ようと思ってます。
DSC_2477

KRY山口放送の『熱血テレビ』 高橋 裕キャスターと高松 綾香キャスターとも御縁を頂き、しかも応援のお言葉を頂けるなんて、有り難い限りで恐縮でした。

舞台挨拶後、久し振りに暫し佐々木さんとお話しさせて頂いた別れ際、
「梶岡さん...ゆっくり、、、やっていきましょうね」と、この上なくゆっくりと発せられた佐々木さんの言葉に、またまた涙が溢れそうでしたが...目の前には次回上映を待つ行列の方々がたくさん並んでおられたので、私は足早に会場を後にしたのでした。
DSC_2479

皆さん、是非とも映画館に足を運んで、ご自身の色んな『想い』を感じて頂ければ幸せます。

『ふたりの桃源郷』
http://www.kry.co.jp/movie/tougenkyou/

samurai__cowboy at 23:06|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年03月23日

名脇役として最高の仕事をする...そんな存在でありたい。

高品質の食を伝える itadaki イタダキ 極上の食情報を召し上がれ。高品質を知る、食べる、創る、育てる。食の情報・通販サイト『itadaki』
(菅さんのレモンはこちら→ http://itadakinippon.com/contents/201503/347 )
itadaki

で逸品として、かっちょええ紹介して頂きました(^_-)v
798b113f7810539c3edd3b45e7e9e783

ed7b0eb4a47eebdfcfedf4904a842f0f1

じゃぁなくて、瀬戸田、菅さんのレモンの土づくりの一つとして...。
あくまでも裏方としてのお手伝い。
ヒューマスを使ったからといって、全ての農家が良くなるわけではありません。
全ての作物がよくなるとも思っていません。
あくまでも、農家の皆さんの日々の作物との対話があってそれは成立するのです。
でも、土づくりに使って下さった方々が、日々の微妙な作物の変化に気付いてもらえる...。
「あ、もしかしてヒューマスか...」という変化を感じ取ってもらえれば幸甚なのです。急な変化ではない...しかし確実に何かが変わる...土づくりとはそういうものなのです。
なんか、私が語れば語るほど、わけ分からなくらなくなりますね、、、文才無くてゴメンナサイ(>_<)
兎に角、ヒューマスがこうやって御紹介頂けるなんて...本当に嬉しい限りです。
eyecatch13-618x458

今は亡き、大吉じいさんの故郷、「忠海」の向かいでしっかり活躍してくると思うと、孫として誇らしいです。せめて私のblogでは主役にしたくて...、
明日からまた頑張れます。
さぁ、明日は朝一から日本のハワイ、山口大島の蜜柑農家さんたちへ届け!!と500回の筋トレ(トラックへの積み込み)です(笑)

samurai__cowboy at 22:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月22日

FM山口『ザ・ムーブマン』に出演!!

『25分間で貴方の人生が変わる...かも』(^^ゞ
先日、エフエム山口に収録に行って来ました!
ヤスベエさんがパーソナリティされてる『ザ・ムーブマン』
放送回数500回を超えるモンスター番組です(@_@)
15883_741403582621611_7111818529486656741_n

実はヤスベエさんとは私が高校生の時からのお付き合いなんです(^^ゞ
前回、出演させて頂いたのが、ちょうど10年前...ムーブマン16でした(アイドルではありません(-_-;))
収録はといいますと、緊張もなく、楽しく会話って感じでスタートしたのですが、
この10年間のいろいろな『想い』が込み上げてきちゃって...(T_T)
危うく『放送事故』が起こるとこでした(>_<)
おかげで大事なことを喋るの忘れたぁ〜!!!(笑)
その様子はぜひ、放送をお聞き下さい!!
ローカル放送ですが、今は便利な『LISMO WAVE』や『ドコデモFM』で全国どこでも聞くことが出来ます。
↓↓↓
FM山口『ザ・ムーブマン』 今週末、ゾロ目の2月22日(日)18:30〜 放送です!!

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2015年02月15日

恩師『和仁皓明』と『さの萬』熟成肉との会話

日本の熟成肉の重鎮『さの萬』の熟成肉。
大学時代の恩師『和仁皓明』先生が熟成肉の勉強にご招待下さりました。
私を弟子と可愛がって下さる和仁先生は言わずと知れた世界的なチーズの権威、もう20数年のお付き合いになります。
今回、先生がお取り寄せされた熟成肉を持ち込んでの食事会、いや勉強会でした(^^ゞ
アメリカから帰省中の先生の娘さん、そして下関の寿司・割烹『浪花』の大将夫妻・ご子息と同席させて頂き、下関の『タヴェルナ・ペペリーノ』で。
白菜のポタージュ、ぼやけがちな白菜の香りがギュッと凝縮してあり、一皿目からパンチ(笑)
10993448_739523442809625_5480682267875283630_n

パテも秀逸、河豚の白子のパスタは初めての味わいでした。
10978552_739523482809621_5371356617750987023_n

10978664_739523516142951_3829365553830607882_n

さて本題の熟成肉なのですが、さすが日本の熟成肉のパイオニア『さの萬』さんのものという感じ。
肉に内包された肉汁ではなくエキス...噛み進めると口中に広がる旨味と熟成香は何とも言えませんでした。
10987671_739523416142961_4647305464583273910_n

チーズも牛肉も同じタンパク質、私は『熟成』というよりは『発酵』に近いイメージを持っており、それはもちろん和仁先生も全く同じセンスでして...久し振りに深く語り合った夜でした。
御馳走様でした、合掌。

samurai__cowboy at 18:00|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年07月23日

恒例「大遊会」花火例会にサムライ・カウボーイと安愚楽牛が参加!!

〜そして心が洗われた瞬間〜

サムライ・カウボーイの親友であり、よき応援者でもある(株)mbs山本貴士社長宅にて恒例の「大遊会」花火大会BBQに安愚楽牛と一緒に参加。大遊会は知る人ぞ知る、宇部を中心とする県内の若手経営者の凄腕集団!?。
豪邸での開催はもちろん、ポルシェ911での登場者や(勇太くん、ポルシェ乗ってたの!!!?今度ドリフトさせて〜な(^^ゞ)サプライズのバイオリン生演奏(”AGオタニ”プロデュースの葉加TheジャイアントfeaturingクラッシックM)などセレブの雰囲気満載!!そこに負けじと私、サムライ・カウボーイと安愚楽牛の登場です!!
(もう数年、恒例行事になってるのにブログにアップしなかった怠慢な私をお許し下さい(>_<))
山口県No1セレブロガー(株)モトクロス社長、松ちゃんが、「この人たち、日頃たいがい美味いもん食っちょるんやけど、そのみんなが美味い、美味いって言うんやから本物やね〜」と。。。ありがたいコメント♪
臨場感あふれるレポートは山口県No1の「モトクロスブログ」でご確認を!
最高に盛り上がった宴も終わり、みんな千鳥足で家路についたのは言うまでもない。。。

静けさを取り戻した山本邸で、主の貴士くんが僕に「コーヒー入れるから飲んでいけば」と。二人椅子に座り、奥さんがいれてくれたとびっきり美味しいコーヒーを飲みながら、しばしの間くつろいだ。
昨今の畜産業界の大きなうねりの中で梶岡牧場の向かうべき方向、経営者としての立ち位置、成長していくためには何が必要かなどなど、日付が変わってるにも関わらず親身になって的確なアドバイスをしてくれた。
そういえば口蹄疫ショックの時も、携帯メールに深〜い一言をくれた。自然と涙があふれるほどの。。。
要所要所、すごいタイミングでのアドバイスってやっぱりスゲ〜よ。貴士くん、いつもありがとう!!
心が洗われた瞬間であった。。。感謝。



DSC_0066

葉加TheジャイアントfeaturingクラッシックM
情熱大陸でスタートし約10曲の演奏。
傍らでは凄腕プロデューサー”AGオタニ”の姿が。。。


DSC_0058

盛り上がりを見せる中。。。


DSC_0067

やはり恒例となった凄腕プロデューサー”AGオタニ”自らのショーで締め(笑)。楽しみ過ぎて肉の写真撮り忘れてしまった!!(爆)


samurai__cowboy at 13:57|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2011年07月02日

友人、そして同じサムライである衆議院議員 たかむら勉 氏 来場!

6月22日、一通の書状(メール)。久しく逢ってなかった友人でもありサムライの同志でもある衆議院議員 高邑くんからであった。まだ2人が20代、高邑くんが参議院議員 鈴木寛さんの秘書をしてた頃に知り合い意気投合。かの時代のサムライ同様、書状(メールや手紙)でのやりとりでお互いの志の確認をしていた。お互いが共鳴するふつふつとした熱いものを感じていたのは言うまでもない。彼は中国・北京大学に留学中にも手紙をくれる律儀なサムライであった。
さて、その書状(メール)の内容なのだが、「最近、畜産の勉強をしている。福島の家畜問題を解決する解にできないか、近いうちに牧場に行って畜産の現場の声、そして現状を知りたい。」と。。。「自分のブログを見てみてくれ。」とも書いてあった。早速、たかむら勉ブログを見てみる。365日、いのちと向き合ってる僕でさえ目を背けてしまうような牧場の惨状、アルピニスト 野口 健さんとの現場視察など、現場では報道以上に計り知れない事になってると悪寒が走った。「そういうことなら速いほうがいいだろうという事」、「よろこんで協力する事」を伝えた。
そして数日後、突然携帯にホットライン。「明後日、牧場に行ってもいいか?」と。即答で「大丈夫、スケジュールはアレンジする!」と僕。ただ防疫体制がシビアなので配慮してくれとお願いする。
そして。。。同志サムライの再会である!
海外渡航歴等のチェック後、タイベック防護服とシューカバーを着込んで牧場の中へ。給餌ロボットでの給餌作業を横目に畜産業界の現状や問題点、高邑くんが提案する「希望の牧場」構想についてのこと。そして何よりカロリーベースのグロス自給率→ネット自給率の考えへのシフト。つまり肥料と飼料の輸入依存度の高さの解決方法案など、つまり畜産はもちろん島国日本の農業システムの根本的な見直しについて熱く議論した。飛行機の時間ギリギリまでの一時間半足らずの時間であったが、お互いの熱い思いをぶつけ合えた貴重な時間であった。帰り際、高邑くんが「あかべこ」のキーホルダーをプレゼントしてくれた。それは福島県会津地方の民芸品で聖なる牛として崇められ、魔除けとして伝えられているという。そして僕たち2人の干支の守り神でもあるという深イイ!メッセージ性のあるものであった。
高邑くんの目は、昔と寸分違わず力強かった。男として独楽のようにブレない信念を感じたよ、高邑くん!!
「お互いサムライとしてそれぞれの道で頑張ろう!」長州のこの地で誓い合った。


長州のサムライ「たかむら勉のブログ」

takamura1
畜舎にてサムライカウボーイ”梶岡秀吉”と
長州のサムライ”たかむら勉”そして親父”梶岡春治”


takamura2
ファイヤーヒルにて


akabeko
福島県会津地方の民芸品 ”聖なる牛 あかべこ”




samurai__cowboy at 23:30|この記事のURLComments(0)TrackBack(0)

2010年04月11日

こうして支えてくれる友人

全国放送が決まり、そのことを友人たちが告知してくれてます。
こうして支えてくれる人たちがいるホントにつながりの大切さを痛感してます。

「かっこ良くて・感動があり・稼げる」3K産業として、農業が魅力的な産業であることを訴える、湘南で「みやじ豚」を生産してる宮治勇輔くん。
彼とは共鳴する部分が多々あり、多才なところは感心させられっぱなしです。農家のこせがれネットワークを組織したり、本を出版したり。
同じ生産者として学ぶことがたくさんあります。

大学時代からの友人で、今は子供服のネットショップを運営している彼女もブログで告知してくれてます。自分の子供たちに着せたいリーズナブルな洋服を、母親だから目線からセレクトしてるんよね。
あっそうじゃ、俺も子供たちの服買ってやらんとなぁ〜。

食事処で迷ったときは真っ先に「松ちゃん、○○周辺で美味いところな〜い?」と僕の突然の電話にも親切丁寧で詳細なデータ・インプレッションも付けてメールで返してくれる、まるでコンシェルジュな彼。さすが、山口県をデザインする!IT戦略家、モトクロス代表取締役 松永秀夫やな〜といつも感心させられます。彼のとろ〜り濃密なブログは山口県人でなくとも必見たまに「梶くんブログ更新せんとね〜?」とジャブをくれる彼のブログ情報量は僕の10,000倍!?

みんなありがとう

samurai__cowboy at 13:43|この記事のURLComments(16)TrackBack(0)